@network Cisco・アライド実機で学ぶ > Cisco実機で学ぶ(CCNP) > BGP(ピアグループの確認)

スポンサードリンク

@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆BGP(ピアグループの確認)

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。

◆BGP(ピアグループの確認)

 「BGP(ピアグループの設定 その2)」の続きです。

 先ほどの設定した、ピアグループの設定を検証してゆきます。

 Router_Bにおいて、「10.10.10.0/24」の経路情報をブロックするように更新ポリシーを定義しました。

Router_C、Router_Dにおいて

 「10.10.10.0/24」の経路情報がアドバタイズされていないかを確認します。

ネットワーク構成図は、以下になります。


まずは、Router_BのBGPテーブルを確認します。

●Router_BのBGPテーブル
Router_B#show ip bgp
BGP table version is 3, local router ID is 1.1.1.1
Status codes: s suppressed, d damped, h history, * valid, > best, i - internal
Origin codes: i - IGP, e - EGP, ? - incomplete

   Network          Next Hop          Metric LocPrf Weight Path
*> 10.10.10.0/24    172.16.0.1             0             0 100 i
*> 20.20.20.0/24    172.16.0.1             0             0 100 i

AS100内のルート「10.10.10.0/24」、「20.20.20.0/24」の経路情報があります。

Router_CのBGPテーブルを確認します。

●Router_CのBGPテーブル
Router_C#show ip bgp
BGP table version is 4, local router ID is 2.2.2.2
Status codes: s suppressed, d damped, h history, * valid, > best, i - internal
Origin codes: i - IGP, e - EGP, ? - incomplete

   Network          Next Hop          Metric LocPrf Weight Path
*>i20.20.20.0/24    172.16.0.1             0    100      0 100 i

「10.10.10.0/24」の経路情報がありません。

Router_Cのルーティングテーブルを確認します。

●Router_Cのルーティングテーブル
Gateway of last resort is not set

     1.0.0.0/32 is subnetted, 1 subnets
O       1.1.1.1 [110/65] via 172.17.0.1, 02:08:29, Serial0
     2.0.0.0/32 is subnetted, 1 subnets
C       2.2.2.2 is directly connected, Loopback0
     3.0.0.0/32 is subnetted, 1 subnets
O       3.3.3.3 [110/129] via 172.17.0.1, 02:08:30, Serial0
     20.0.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
B       20.20.20.0 [200/0] via 172.16.0.1, 00:35:41
O    172.16.0.0/16 [110/74] via 172.17.0.1, 02:08:30, Serial0
C    172.17.0.0/16 is directly connected, Serial0
O    172.18.0.0/16 [110/128] via 172.17.0.1, 02:08:30, Serial0

「10.10.10.0/24」の経路情報がありません。

Router_DのBGPテーブルを確認します。

●Router_DのBGPテーブル
Router_D#show ip bgp
BGP table version is 10, local router ID is 3.3.3.3
Status codes: s suppressed, d damped, h history, * valid, > best, i - internal
Origin codes: i - IGP, e - EGP, ? - incomplete

   Network          Next Hop          Metric LocPrf Weight Path
*>i20.20.20.0/24    172.16.0.1             0    100      0 100 i

「10.10.10.0/24」の経路情報がありません。

Router_Dのルーティングテーブルを確認します。

●Router_Dのルーティングテーブル
Gateway of last resort is not set

     1.0.0.0/32 is subnetted, 1 subnets
O       1.1.1.1 [110/65] via 172.18.0.1, 02:09:47, Serial0
     2.0.0.0/32 is subnetted, 1 subnets
O       2.2.2.2 [110/129] via 172.18.0.1, 02:09:47, Serial0
     3.0.0.0/32 is subnetted, 1 subnets
C       3.3.3.3 is directly connected, Loopback0
     20.0.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
B       20.20.20.0 [200/0] via 172.16.0.1, 00:37:07
O    172.16.0.0/16 [110/74] via 172.18.0.1, 02:09:47, Serial0
O    172.17.0.0/16 [110/128] via 172.18.0.1, 02:09:47, Serial0
C    172.18.0.0/16 is directly connected, Serial0

「10.10.10.0/24」の経路情報がありません。

Router_C、Router_D上に「10.10.10.0/24」の経路情報がアドバタイズされていないことが確認できました。

 このように、ピアグループを使用すると同一のポリシー更新をピアグループに所属するピアに適用することができます。

 また、より多くのオプションが必要なピアについては、差分を指定するだけで済みます。オブジェクト指向のプログラミングと発想が似ています。

 ピアグループを使うことで、大規模なネットワークの設定を簡略化することができます。簡略化できるということは、設定ミスによるエラーも削減することにもつながります。

ということで、ネットワークの規模が大きいBGPでは、ピアグループは重宝する機能となっています。



<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)
<関連コンテンツ>
◆Cisco実機で学ぶ(CCNP)

BGPとは
BGP(基本設定 その1)
BGP(基本設定 iBGP・eBGP確認 その3)
BGP(基本設定 iBGPの設定 その5)
BGP(基本設定 iBGPの設定 その7)
BGP(基本設定 ループバックでピア その9)
BGP(基本設定 iBGPとIGP その11)
BGP(経路決定プロセスの確認 その1)
BGP(同期化とは)
BGP(同期化の設定 その2)
BGP(eBGPマルチホップ その2)
BGPルートの生成(IGPから再配送 その1)
BGPルートの生成(経路集約 その1)
BGPルートの生成(経路集約 その3)
iBGPで学習した経路は他のiBGPへ流さない
BGP(ルートリフレクションとは)
BGP(ルートリフレクションの確認)
BGP(複数のルートリフレクタの設定)
BGP(コンフェデレーションとは)
BGP(コンフェデレーションの確認 その1)
BGP(コミュニティとは)
BGP(コミュニティの確認)
BGP(バックドア その1)
BGP(バックドア その3)
BGP(ピアグループの設定 その1)
BGP(ピアグループの確認)
BGP(Local Preferenceの設定 その1)
BGP(Local Preferenceの確認)
BGP(MED属性の設定 その1)
BGP(MED属性の確認)
BGP(AS_PATH属性 その1)
BGP(AS_PATH属性 その3)
BGP(AS_PATHフィルタ・filter-list その2)
BGP(配布リスト・distribute-list その1)
BGP(配布リスト・distribute-list その3)
BGP(PREFIXフィルタ その2)
BGP(近隣関係の形成)
BGP(基本設定 ベストパスの確認 その2)
BGP(基本設定 next-hop-self その4)
BGP(基本設定 iBGPの設定 その6)
BGP(基本設定 ループバックでピア その8)
BGP(基本設定 iBGPとIGP その10)
BGP(経路決定プロセス)
BGP(経路決定プロセスの確認 その2)
BGP(同期化の設定 その1)
BGP(eBGPマルチホップ その1)
BGPルートの生成(networkコマンド)
BGPルートの生成(IGPから再配送 その2)
BGPルートの生成(経路集約 その2)
BGPルートの生成(経路集約 その4)
BGP(iBGPはフルメッシュでピアを張る)
BGP(ルートリフレクションの設定)
BGP(複数のルートリフレクタ)
BGP(複数のルートリフレクタの確認)
BGP(コンフェデレーションの設定)
BGP(コンフェデレーションの確認 その2)
BGP(コミュニティの設定)
BGP(ORIGINアトリビュート)
BGP(バックドア その2)
BGP(ピアグループとは)
BGP(ピアグループの設定 その2)
BGP(Local Preference属性とは)
BGP(Local Preferenceの設定 その2)
BGP(MED属性とは)
BGP(MED属性の設定 その2)
BGP(帯域幅・bandwidthを設定する)
BGP(AS_PATH属性 その2)
BGP(AS_PATHフィルタ・filter-list その1)
BGP(AS_PATHフィルタ・filter-list その3)
BGP(配布リスト・distribute-list その2)
BGP(PREFIXフィルタ その1)
BGP(PREFIXフィルタ その3)
<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.