@network Cisco・アライド実機で学ぶ > Cisco実機で学ぶ(CCNP) > BGP(コミュニティの確認)

スポンサードリンク

@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆BGP(コミュニティの確認)

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。

◆BGP(コミュニティの確認)

 COMMUNITY属性には、定義済みのものがいくつかあります。

no-export 他ASに経路情報を転送しない。
no-
advertise
他ルーターに経路情報を転送しない。
local-as 外部のサブASに、アドバタイズしない。
no-export-
subconfed
コンフェデレーションにおいて、他メンバーASに経路情報をアドバタイズしない。
internet 経路のフィルタリングは行われません。

ここでは、コミュニティ属性に「no-export」を付随させてみます。



◆コミュニティ属性を付随させる

まず、「no-export」を付随させる前に、現在のRouter_EのBGPテーブルを確認しておきます。

Router_E#show ip bgp
BGP table version is 5, local router ID is 30.30.30.1
Status codes: s suppressed, d damped, h history, * valid, > best, i - internal
Origin codes: i - IGP, e - EGP, ? - incomplete

   Network          Next Hop          Metric LocPrf Weight Path
*  10.10.10.0/24    172.18.0.2                           0 100 i
*>                  172.16.0.2                           0 100 i
*> 20.20.20.0/24    172.16.0.2                           0 100 i
*                   172.18.0.2                           0 100 i
*> 30.30.30.0/24    0.0.0.0                0         32768 i

「10.10.10.0/24」の経路を「172.16.0.2」と「172.18.0.2」の2つから受信しています。

それでは、

  Router_Aでコミュニティ属性に「no-export」を付随させ、Router_Bへのアップデートに「no-export」を付随させた経路情報をアドバタイズさせます。

アクセスリストで、「10.10.10.0/24」を定義し、それをルートマップと関連付けて「no-export」を付随させます。

 送信側でで付随させたコミュニティ属性は、デフォルトでアップデートに付随されないので、アップデートにコミュニティ属性を付随させるには以下のコマンドを設定します。

Router_A(config-router)#neighbor 172.19.0.1 send-community

 最後に、作成したルートマップ「Peer-Router_B」を「neighbor 172.19.0.1 route-map Peer-Router_B out」コマンドで、Router_Bに経路情報を送る(out)際に適用するように指示します。

Router_Aに以下の設定を追加します。

Router_A(config)#access-list 1 permit 10.10.10.0 0.0.0.255
Router_A(config)#route-map Peer-Router_B permit 10
Router_A(config-route-map)#match ip address 1
Router_A(config-route-map)#set community no-export
Router_A(config-route-map)#exit
Router_A(config)#router bgp 65000
Router_A(config-router)#neighbor 172.19.0.1 send-community
Router_A(config-router)#neighbor 172.19.0.1 route-map Peer-Router_B out

設定が完了したら、Router_BのBGPテーブルをクリアします。

Router_B#clear ip bgp *

 Router_Bで「no-export」が付随した経路を受信しているかを確認します。Router_Bで以下のコマンドを入力します。

Router_B#show ip bgp community no-export

Router_B#show ip bgp community no-export
BGP table version is 4, local router ID is 172.19.0.1
Status codes: s suppressed, d damped, h history, * valid, > best, i - internal
Origin codes: i - IGP, e - EGP, ? - incomplete

   Network          Next Hop            Metric LocPrf Weight Path
*>i10.10.10.0/24    172.19.0.2               0    100      0 i

ちゃんと「10.10.10.0/24」の経路を受信していますね。

「10.10.10.0/24」経路の詳細を確認します。

Router_B#show ip bgp 10.10.10.0

Router_B#show ip bgp 10.10.10.0
BGP routing table entry for 10.10.10.0/24, version 2
Paths: (1 available, best #1, not advertised to EBGP peer)
  Advertised to non peer-group peers:
    172.17.0.2
  Local
    172.19.0.2 from 172.19.0.2 (172.19.0.2)
      Origin IGP, metric 0, localpref 100, valid, internal, best, ref 2
      Community: no-export

Router_Bは、「no-export」が付随した「10.10.10.0/24」経路を受信していることが確認できます。

Router_EのBGPテーブルを確認します。

Router_E#show ip bgp
BGP table version is 9, local router ID is 30.30.30.1
Status codes: s suppressed, d damped, h history, * valid, > best, i - internal
Origin codes: i - IGP, e - EGP, ? - incomplete

   Network          Next Hop          Metric LocPrf Weight Path
*> 10.10.10.0/24    172.18.0.2                           0 100 i
*> 20.20.20.0/24    172.16.0.2                           0 100 i
*                   172.18.0.2                           0 100 i
*> 30.30.30.0/24    0.0.0.0                0         32768 i

「10.10.10.0/24」の経路は、「172.18.0.2」からしか受信しなくなりました。

Router_Bから、「10.10.10.0/24」の経路が送られなくなったことが確認できました。

 Router_Dで「no-export」が付随した経路を受信しているかを確認します。Router_Dで以下のコマンドを入力します。

Router_D#show ip bgp community no-export

Router_D#show ip bgp community no-export
Router_D#

Router_Dでは、「no-export」が付随した経路を受信していないことが確認できました。

 つまり、Router_Dは、「no-export」が付随した「10.10.10.0/24」の経路情報を持っていないため、Router_Eに、「10.10.10.0/24」の経路をアドバタイズしているのです。

そこで、Router_Bから、Router_Dにコミュニティ属性の付随した経路情報をアドバタイズするようにします。


Router_Bで以下の設定を追加します。

Router_B(config)#router bgp 65000
Router_B(config-router)#neighbor 172.17.0.2 send-community

設定が完了したら、Router_CのBGPテーブルをクリアします。

Router_B#clear ip bgp *

 Router_Dで「no-export」が付随した経路を受信しているかを確認します。Router_Dで以下のコマンドを入力します。

Router_D#show ip bgp community no-export

Router_D#show ip bgp community no-export
BGP table version is 4, local router ID is 172.20.0.1
Status codes: s suppressed, d damped, h history, * valid, > best, i - internal
Origin codes: i - IGP, e - EGP, ? - incomplete

   Network          Next Hop            Metric LocPrf Weight Path
*> 10.10.10.0/24    172.17.0.1               0    100      0 (65000) i

Router_Dでは、「no-export」が付随した「10.10.10.0/24」経路を受信していることが確認できます。

Router_EのBGPテーブルを確認します。

Router_E#show ip bgp
BGP table version is 10, local router ID is 30.30.30.1
Status codes: s suppressed, d damped, h history, * valid, > best, i - internal
Origin codes: i - IGP, e - EGP, ? - incomplete

   Network          Next Hop          Metric LocPrf Weight Path
*> 20.20.20.0/24    172.16.0.2                           0 100 i
*                   172.18.0.2                           0 100 i
*> 30.30.30.0/24    0.0.0.0                0         32768 i

「10.10.10.0/24」の経路情報がなくなりました。

Router_B、Router_Dから、「10.10.10.0/24」の経路情報がアドバタイズされなくなったからです。



<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)
<関連コンテンツ>
◆Cisco実機で学ぶ(CCNP)

BGPとは
BGP(基本設定 その1)
BGP(基本設定 iBGP・eBGP確認 その3)
BGP(基本設定 iBGPの設定 その5)
BGP(基本設定 iBGPの設定 その7)
BGP(基本設定 ループバックでピア その9)
BGP(基本設定 iBGPとIGP その11)
BGP(経路決定プロセスの確認 その1)
BGP(同期化とは)
BGP(同期化の設定 その2)
BGP(eBGPマルチホップ その2)
BGPルートの生成(IGPから再配送 その1)
BGPルートの生成(経路集約 その1)
BGPルートの生成(経路集約 その3)
iBGPで学習した経路は他のiBGPへ流さない
BGP(ルートリフレクションとは)
BGP(ルートリフレクションの確認)
BGP(複数のルートリフレクタの設定)
BGP(コンフェデレーションとは)
BGP(コンフェデレーションの確認 その1)
BGP(コミュニティとは)
BGP(コミュニティの確認)
BGP(バックドア その1)
BGP(バックドア その3)
BGP(ピアグループの設定 その1)
BGP(ピアグループの確認)
BGP(Local Preferenceの設定 その1)
BGP(Local Preferenceの確認)
BGP(MED属性の設定 その1)
BGP(MED属性の確認)
BGP(AS_PATH属性 その1)
BGP(AS_PATH属性 その3)
BGP(AS_PATHフィルタ・filter-list その2)
BGP(配布リスト・distribute-list その1)
BGP(配布リスト・distribute-list その3)
BGP(PREFIXフィルタ その2)
BGP(近隣関係の形成)
BGP(基本設定 ベストパスの確認 その2)
BGP(基本設定 next-hop-self その4)
BGP(基本設定 iBGPの設定 その6)
BGP(基本設定 ループバックでピア その8)
BGP(基本設定 iBGPとIGP その10)
BGP(経路決定プロセス)
BGP(経路決定プロセスの確認 その2)
BGP(同期化の設定 その1)
BGP(eBGPマルチホップ その1)
BGPルートの生成(networkコマンド)
BGPルートの生成(IGPから再配送 その2)
BGPルートの生成(経路集約 その2)
BGPルートの生成(経路集約 その4)
BGP(iBGPはフルメッシュでピアを張る)
BGP(ルートリフレクションの設定)
BGP(複数のルートリフレクタ)
BGP(複数のルートリフレクタの確認)
BGP(コンフェデレーションの設定)
BGP(コンフェデレーションの確認 その2)
BGP(コミュニティの設定)
BGP(ORIGINアトリビュート)
BGP(バックドア その2)
BGP(ピアグループとは)
BGP(ピアグループの設定 その2)
BGP(Local Preference属性とは)
BGP(Local Preferenceの設定 その2)
BGP(MED属性とは)
BGP(MED属性の設定 その2)
BGP(帯域幅・bandwidthを設定する)
BGP(AS_PATH属性 その2)
BGP(AS_PATHフィルタ・filter-list その1)
BGP(AS_PATHフィルタ・filter-list その3)
BGP(配布リスト・distribute-list その2)
BGP(PREFIXフィルタ その1)
BGP(PREFIXフィルタ その3)
<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.