@network Cisco・アライド実機で学ぶ > Cisco実機で学ぶ(CCNP) > IPv6(IPv6アドレスの表記)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆IPv6(IPv6アドレスの表記)

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。



IPv6(IPv4・IPv6ヘッダフォーマット)     
前へ  次へ
IPv6(IPv6アドレスの種類 その1)

◆IPv6(IPv6アドレスの表記)

 IPv6 アドレスは 128ビット(16 バイト)もあります。2進数で表記するとあまりにも長くなってしまうので、16進数で表記するようになっています。

 それでも32桁にもなります。この後、説明してゆきますが、IPv6アドレスは、できるだけ短く表現できるように、表記方法が工夫されています。それでも、IPv6 アドレスは長くなってしまいます。

 これは、人間が一目見て、記憶できる限界を超えています。この長いアドレスを管理するのも困難ですし、正確に入力することも難しい作業です。

 とは言っても、IPv6アドレスをそのままの16進数、32桁で扱うのは、とても大変なので、省略記法があるのは、せめてもの救いです。

◆IPv6表記

●16ビットごとに区切って16進数で書く。
●区切り文字は「:」(コロン)
●IPv6 アドレスの先頭部分をプレフィックスと呼び、長さを「/」の後に書く。
※「/128」(アドレス全体) は、明示的に指定する必要はないので、しばしば省略されます。

◆IPv6の分類

IPv6 アドレスは、先頭3 ビット(/3)によって大きく8つに分けられています。

 3ビットは、16進数と相性が悪く、理解しにくいので、16進数1桁の4 ビットの16個に分割した方が理解しやすいかもしれません。
2 進数 16 進数 用途
000 0 特殊なアドレス
1
001 2 経路集約型アドレス
3
010 4 未割り当て
5
011 6 未割り当て
7
100 8 未割り当て
9
101 a 未割り当て
b
110 c 未割り当て
d
111 e リンクローカル、サイトローカル、マルチキャスト
f


◆IPv6の省略記法

IPv6では、以下の省略表記が利用できます。

●各ブロックの先頭の連続する「0」は省略可能
●「0000」は「0」と表現する。
●連続する「0」のブロックは、1回に限り、「::」に置き換え可能

IPv6アドレスの表記方法は、次のようになります。

 2001:1000:0120:0000:0000:0000:1234:0000

              ↓  各ブロックの先頭の連続する「0」は省略可能
                  「0000」は「0」と表現する。

 2001:1000:120:0:0:0:1234:0

              ↓  連続する「0」のブロックは、1回に限り、「::」に置き換え可能

 2001:1000:120::1234:0

 省略できるのは1ヶ所だけです。

 2001:1000:120::1234:: × ← こうは書けない


次の「IPv6(IPv6アドレスの種類 その1)」では、IPv6アドレスの種類を簡単にまとめてみます。


IPv6(IPv4・IPv6ヘッダフォーマット)     
前へ  次へ
IPv6(IPv6アドレスの種類 その1)

<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)
<関連コンテンツ>
◆Cisco実機で学ぶ(CCNA・CCNP)   PartW

IPv6(IPv6の概要)
IPv6(IPv6アドレスの表記)
IPv6(IPv6アドレスの種類 その2)
IPv6(サイトローカルユニキャストアドレス)
IPv6(リンクローカルユニキャストアドレス)
IPv6(インタフェースID その2)
IPv6(IPv6の設定 リンクローカルアドレス1)
IPv6(IPv6の設定 リンクローカルアドレス3)
IPv6(IPv6の設定 グローバルアドレス)
IPv6(スタティックルートの設定 その1)
IPv6(RIPngの設定 その1)
IPv6(RIPngの設定 その3)
IPv6(OSPFv3の設定 その2)
IPv6(OSPFv3の設定 確認コマンド その1)
IPv6(WindowsXP・Vista ゾーンID その1)
IPv6(手動トンネル その1)
IPv6(手動トンネル その3)
IPv6(手動トンネル その5)
IPv6(手動トンネル その7)
IPv6(自動トンネル その2)
IPv6(自動トンネル その4)
IPv6(IPv4・IPv6ヘッダフォーマット)
IPv6(IPv6アドレスの種類 その1)
IPv6(グローバルユニキャストアドレス)
IPv6(ユニークローカルユニキャストアドレス)
IPv6(インタフェースID その1)
IPv6(特殊なユニキャストアドレス)
IPv6(IPv6の設定 リンクローカルアドレス2)
IPv6(インタフェースへIPv6アドレス設定)
IPv6(Windows XPへIPv6を導入する)
IPv6(スタティックルートの設定 その2)
IPv6(RIPngの設定 その2)
IPv6(OSPFv3の設定 その1)
IPv6(OSPFv3の設定 その3)
IPv6(OSPFv3の設定 確認コマンド その2)
IPv6(WindowsXP・Vista ゾーンID その2)
IPv6(手動トンネル その2)
IPv6(手動トンネル その4)
IPv6(手動トンネル その6)
IPv6(自動トンネル その1)
IPv6(自動トンネル その3)
IPv6(自動トンネル その5)
<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.