@network Cisco・アライド実機で学ぶ > Cisco実機で学ぶ(CCNP) > IPv6(IPv6の設定 リンクローカルアドレス1)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆IPv6(IPv6の設定 リンクローカルアドレス1)

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。



IPv6(特殊なユニキャストアドレス)     
前へ  次へ
IPv6(IPv6の設定 リンクローカルアドレス2)

◆IPv6(IPv6の設定 リンクローカルアドレス1)

ここでは、IPv6リンクローカルユニキャストアドレスを設定します。

 ルータにIPv6アドレスを設定する前に、IPv6ルーティングを有効にしておく必要があります。IPv6ルーティングを有効にするには、グローバル設定モードで「ipv6 unicast-routing」コマンドを入力します。

Router(config)#ipv6 unicast-routing

このコマンドを入力することでIPv6パケットのルーティングが行えるようになります。

 リンクローカルユニキャストアドレスを自動で設定するには、インタフェース設定モードで「ipv6 enable」コマンドを実行するだけです。

Router(config-if)#ipv6 enable

全てのIPv6インタフェースは必ずリンクローカルユニキャストアドレスを持ちます。

 リンクローカルユニキャストアドレスは、「FE80」で始まるアドレスです。「ipv6 enable」コマンドで、自動で生成する場合には、「EUI-64」形式で、インタフェースのMACアドレスをベースにリンクローカルユニキャストアドレスが生成されます。

「1111 11110 10」というビットパターン、16進表記で表すと「fe80:://10」で始まります。

 

 それでは、ルータに「ipv6 enable」コマンドを入力して、リンクローカルユニキャストアドレスを自動で生成させてみましょう。

IPv6パケットのルーティングを有効にし、F0で、「ipv6 enable」コマンドを入力します。

Router(config)#ipv6 unicast-routing
Router(config)#int f0
Router(config-if)#ipv6 enable

これで、リンクローカルユニキャストアドレスが自動的に設定されます。

次のコマンドを入力して、F0のMACアドレスを調べます。

Router#show int f0

Router#show int f0
FastEthernet0 is administratively down, line protocol is down
  Hardware is PQUICC_FEC, address is 000c.ce4b.b7a6 (bia 000c.ce4b.b7a6)
  MTU 1500 bytes, BW 100000 Kbit, DLY 100 usec,
     reliability 216/255, txload 1/255, rxload 1/255
  Encapsulation ARPA, loopback not set
  Keepalive set (10 sec)
  Auto-duplex, Auto Speed, 100BaseTX/FX
  ARP type: ARPA, ARP Timeout 04:00:00
  Last input never, output 00:05:39, output hang never
  Last clearing of "show interface" counters never
  Input queue: 0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
  Queueing strategy: fifo
  Output queue: 0/40 (size/max)
  5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
  5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
     0 packets input, 0 bytes
     Received 0 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
     0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored
     0 watchdog
     0 input packets with dribble condition detected
     7 packets output, 420 bytes, 0 underruns
     7 output errors, 0 collisions, 0 interface resets
     0 unknown protocol drops
     0 babbles, 0 late collision, 0 deferred
     7 lost carrier, 0 no carrier
     0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out

F0のMACアドレスは、「000c.ce4b.b7a6」になっています。

 ルータのF0のMACアドレスが、「000C.CE4B.B7A6」の場合のリンクローカルユニキャストアドレスをEUI-64形式で自動生成した場合は、次のようになります。

 

MACアドレス : 000C.CE4B.B7A6

MACアドレス6バイトの、上位3バイトと下位3バイトをわけ、その間に「FFFE」を入れます。

「00-0C-CE」+「FF-FE」+「4B-B7-A6」

上位1バイト目の下位2ビット目(U/Lビット)を反転します。

「00」 → 「02」

インタフェースIDは、

「02-0C-CE」+「FF-FE」+「4B-B7-A6」

になります。

リンクローカルユニキャストアドレスの上位64ビットは、「FE80::」ですから

「FE80」+「02-0C-CE」+「FF-FE」+「4B-B7-A6」

リンクローカルユニキャストアドレスは、

FE80::20C:CEFF:FE4B:B7A6

になります。

 では、F0のリンクローカルユニキャストアドレスが、「FE80::20C:CEFF:FE4B:B7A6」になっているか、確認してみます。

Router#show ip int f0
FastEthernet0 is administratively down, line protocol is down
  Internet protocol processing disabled
Router#show ipv6 int f0
FastEthernet0 is administratively down, line protocol is down
  IPv6 is enabled, link-local address is FE80::20C:CEFF:FE4B:B7A6 [TEN]
  No global unicast address is configured
  Joined group address(es):
    FF02::1
    FF02::2
    FF02::1:FF4B:B7A6
  MTU is 1500 bytes
  ICMP error messages limited to one every 100 milliseconds
  ICMP redirects are enabled
  ND DAD is enabled, number of DAD attempts: 1
  ND reachable time is 30000 milliseconds
  ND advertised reachable time is 0 milliseconds
  ND advertised retransmit interval is 0 milliseconds
  ND router advertisements are sent every 200 seconds
  ND router advertisements live for 1800 seconds
  Hosts use stateless autoconfig for addresses.

リンクローカルユニキャストアドレスが、「FE80::20C:CEFF:FE4B:B7A6」になっていることが確認できます。

 次の「IPv6(IPv6の設定 リンクローカルアドレス2)」では、ルータに自動で設定したリンクローカルユニキャストアドレスを使って、実際にネットワークを構築します。


IPv6(特殊なユニキャストアドレス)     
前へ  次へ
IPv6(IPv6の設定 リンクローカルアドレス2)

<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)
<関連コンテンツ>
◆Cisco実機で学ぶ(CCNA・CCNP)   PartW

IPv6(IPv6の概要)
IPv6(IPv6アドレスの表記)
IPv6(IPv6アドレスの種類 その2)
IPv6(サイトローカルユニキャストアドレス)
IPv6(リンクローカルユニキャストアドレス)
IPv6(インタフェースID その2)
IPv6(IPv6の設定 リンクローカルアドレス1)
IPv6(IPv6の設定 リンクローカルアドレス3)
IPv6(IPv6の設定 グローバルアドレス)
IPv6(スタティックルートの設定 その1)
IPv6(RIPngの設定 その1)
IPv6(RIPngの設定 その3)
IPv6(OSPFv3の設定 その2)
IPv6(OSPFv3の設定 確認コマンド その1)
IPv6(WindowsXP・Vista ゾーンID その1)
IPv6(手動トンネル その1)
IPv6(手動トンネル その3)
IPv6(手動トンネル その5)
IPv6(手動トンネル その7)
IPv6(自動トンネル その2)
IPv6(自動トンネル その4)
IPv6(IPv4・IPv6ヘッダフォーマット)
IPv6(IPv6アドレスの種類 その1)
IPv6(グローバルユニキャストアドレス)
IPv6(ユニークローカルユニキャストアドレス)
IPv6(インタフェースID その1)
IPv6(特殊なユニキャストアドレス)
IPv6(IPv6の設定 リンクローカルアドレス2)
IPv6(インタフェースへIPv6アドレス設定)
IPv6(Windows XPへIPv6を導入する)
IPv6(スタティックルートの設定 その2)
IPv6(RIPngの設定 その2)
IPv6(OSPFv3の設定 その1)
IPv6(OSPFv3の設定 その3)
IPv6(OSPFv3の設定 確認コマンド その2)
IPv6(WindowsXP・Vista ゾーンID その2)
IPv6(手動トンネル その2)
IPv6(手動トンネル その4)
IPv6(手動トンネル その6)
IPv6(自動トンネル その1)
IPv6(自動トンネル その3)
IPv6(自動トンネル その5)
<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.