@network Cisco・アライド実機で学ぶ > Cisco実機で学ぶ(CCNP) > PPPoE(ADSL・FTTH 基本設定 その2)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆PPPoE(ADSL・FTTH 基本設定 その2)

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。


◆PPPoE(ADSL・FTTH 基本設定 その2)

PPPoE(ADSL・FTTH 基本設定 その1)」の続きです。引き続き、PPPoEを設定してゆきます。


◆Router_Aの設定(続き)

●LAN側インタフェースの設定

Router_A(config)#interface fastEthernet 0
Router_A(config-if)#description LAN
Router_A(config-if)#ip address 192.168.1.254 255.255.255.0
Router_A(config-if)#ip tcp adjust-mss 1414
Router_A(config-if)#ip nat inside
Router_A(config-if)#no shutdown

MSSのサイズを調整します。

Router_A(config-if)#ip tcp adjust-mss 1414

 ルータは、パソコンから送信されてくるMSSを、適正な値に書き換えてやる必要があります。そうしないとパケットが断片化されるからです。

MTUとMSSとの関係を図で示すと次のようになります。

 

ヘッダ サイズ
IP ヘッダ 20バイト
TCP ヘッダ 20バイト
UDPヘッダ 8バイト
PPPoEヘッダ 6バイト
PPPヘッダ 2バイト

MSS = MTU - IPヘッダ - TCPヘッダ = MTU - 40

 Windowsパソコンは、自動的に「MTU=1500」、「MSS=1460」に設定します。これは、イーサネットで接続されているため、最大フレームサイズが1500となり、そこからTCP/IPヘッダの標準的な40バイトを引いた値をMSSとしているからです。

 しかし、PPPoEを使用する場合、理論的には、「MTU=1492」、「MSS=1452」でなければなりません。また、NTTのFlet'sでは、一般的に「MTU=1454」、「MSS=1414」を指定します。

まとまると、次の表のようになります。

ネットワーク MTU MSS
Ethernet 1500 1460
RFC2516(PPPoE) 1492 1452
Flet's網(PPPoE) 1454 1414


 NAT(PAT)の指定には、「Inside」を指定します。NATの詳細については、「NATの概要」からのコンテンツで紹介しています。

Router_A(config-if)#ip nat inside


●Internet側インタフェースの設定

 Internet側のインタフェースは、ISPからの払い出しでダイナミックに割り当てられるためIPアドレスを設定しません。

Router_A(config)#interface ethernet 0
Router_A(config-if)#description Internet
Router_A(config-if)#pppoe enable
Router_A(config-if)#pppoe-client dial-pool-number 1
Router_A(config-if)#no shutdown

PPPoEを有効にします。

Router_A(config-if)#pppoe enable

物理インタフェースが、PPPoEで利用されるようにします。「dialer pool 1」と対応します。

Router_A(config-if)#pppoe-client dial-pool-number 1

続きの設定は、次の「PPPoE(ADSL・FTTH 基本設定 その3)」で紹介してゆきます。





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連コンテンツ>
◆Cisco実機で学ぶ(CCNP)

PPPoEとは
PPPoE(ADSL・FTTH 基本設定 その2)
PPPoE(ADSL・FTTH 基本設定 その4)
PPPoE(設定例1 その1)
PPPoE(設定例1 その3)
PPPoE(設定例2 その1)
PPPoE(設定例2 その3)
PPPoE(設定例2 その5)
PPPoE(ADSL・FTTH 基本設定 その1)
PPPoE(ADSL・FTTH 基本設定 その3)
PPPoE(ADSL・FTTH 基本設定 その5)
PPPoE(設定例1 その2)
PPPoE(設定例1 その4)
PPPoE(設定例2 その2)
PPPoE(設定例2 その4)
PPPoE(設定例2 その6)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.