@network Cisco・アライド実機で学ぶ > Cisco実機で学ぶ(CCNP) > HSRP(二重化 その2)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆HSRP(二重化 その2)

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。



HSRP(二重化 その1)     
前へ  次へ
HSRP(二重化 その3)

◆HSRP(二重化 その2)

デフォルトゲートウェイを冗長化するには、以下の方法があります。

●HSRPを使う方法
●VRRPを使う方法

ここでは、「HSRPを使う方法」について説明してゆきます。

 HSRPとVRRPは、どちらもデフォルトルートを冗長化するプロトコルで、ほぼ同じような機能を持っていますが、冗長化を実現するための仕組みや設定、細かな動作は異なります。

 HSRPは、Ciscoが独自に開発したプロトコルで、ベンダー独自の規格であるため、他社との互換性がありません。複数の他ベンダーが、このHSRPと同等なことを可能するために開発したがVRRPです。


 HSRPは、同じグループ内のルータで、1つの「仮想IPアドレス」と「仮想MACアドレス」を共有することで、1つのルータに見せかけます。グループ内で、1台がActiveルータになり、その他のルータがStandbyルータになります。

 ルーティング処理やARP応答は、Activeルータが担当します。デフォルトでルータ同士が、3秒ごとにHelloパケットを交換して、互いにHSRP情報をやり取りしています。このパケットは、UDPのポート番号1985、宛先IPアドレスとして、「224.0.0.2」のマルチキャストを使用しています。

 Helloパケットを受信してから、10秒間、相手からHelloパケットが届かない場合、相手ルータが故障していると判断します。この相手が故障していると判断する時間のことをHold Timeと言います。

相手が故障と判断するとStandbyルータがActiveルータへと切り替わります。


Activeだったルータは、「Init(イニシャルステート)」へと状態が遷移します。

 HSRPでは、以下の状態を遷移してActiveルータ、Standbyルータになります。ダウンした側は、イニシャルステートへの遷移します。

状態 説明
イニシャルステート 初期状態。HSRPのやり取りを全くしていない状態。
ラーニングステート Helloパケットを受信していない状態。
仮想IPアドレスを認識していない。
リスニングステート Helloパケットを受信する状態。
仮想IPアドレスを取得する。
スピークステート 定期的にHelloパケットを送信する状態。
アクティブステート
   or
スタンバイステート
Helloパケットを定期的に交換する。
Activeルータは、仮想IPアドレス宛の通信を処理し、Standbyルータは、待機する。


◆ActiveルータとStandbyルータの選出について

Activeルータは以下のように選出されます。

1.プライオリティ値の高い方がActiveルータに選出される。
2.プライオリティ値が同じ場合、大きいIPアドレスを持つルータがActiveルータに選出される。

 プライオリティ値のデフォルトは、「100」です。つまり、プライオリティ値を設定しない場合は、大きいIPアドレスを持つルータがActiveルータに選出されます。

続きは、次の「HSRP(二重化 その3)」でHSRPを設定してゆきます。


HSRP(二重化 その1)     
前へ  次へ
HSRP(二重化 その3)

<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)
<関連コンテンツ>
HSRP(二重化 その1)
HSRP(二重化 その2)
HSRP(二重化 その3)
HSRP(二重化 その4)
HSRP(二重化 仮想MACアドレス その5)
HSRP(二重化 検証コマンド その6)
HSRP(二重化 Activeルータの選出 その7)
HSRP(プリエンプト その1)
HSRP(プリエンプト その2 preemptコマンド)
HSRP(インタフェーストラッキング その1)
HSRP(インタフェーストラッキング その2)
HSRP(インタフェーストラッキング その3)
HSRP(Multiple HSRP その1)
HSRP(Multiple HSRP その2)
HSRP(Multiple HSRP その3)
HSRP(Multiple HSRP その4)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.