@network Cisco・アライド実機で学ぶ > Cisco実機で学ぶ(CCNP) > HSRP(プリエンプト その2 preemptコマンド)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆HSRP(プリエンプト その2 preemptコマンド)

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。



HSRP(プリエンプト その1)     
前へ  次へ
HSRP(インタフェーストラッキング その1)

◆HSRP(プリエンプト その2 preemptコマンド)

 「HSRP(プリエンプト その1)」では、一度、Activeルータが選出されてしまうと、後からプライオリティの高いルータが復旧しても、そのルータは、現在のActiveルータがダウンするまで、Activeルータに選出されないというHSRPのデフォルトの動作の確認を行いました。

ここでは、preempt(プリエンプト)機能を紹介します。

 preemptを設定しておくと、自分のプライオリティが最も高いことを確認すると、「Coup メッセージ」を送信して、復旧後、再びActiveルータに速やかに切り替えることができます。

「preempt」は、英語で「先取りする」という意味があります。

ここでは、「HSRP(二重化 その3)」で構築したネットワークをそのまま使用します。


スイッチのPort2に繋がっているケーブルを抜きしばらく待ちます。


そして、スイッチのPort2に繋がっているケーブルを差し込み、しばらく待ちます。


Router_Cは、Activeルータに選出されません。

これは、デフォルトのHSRPの動きです。

そこで、「preempt」オプションを設定してゆきます。

Router_Cで「preempt」オプションを追加します。

Router_C(config)#int e0/0
Router_C(config-if)#standby 1 preempt

コマンドを追加すると直ぐに、以下のメッセージが表示され、Activeルータに選出されます。

01:07:10: %STANDBY-6-STATECHANGE: Standby: 1: Ethernet0/0 state Standby -> Active

Router_Cで、「show standby」コマンドを実行します。

●Router_Cの「show standby」コマンドの出力結果
Router_C#show standby
Ethernet0/0 - Group 1
  Local state is Active, priority 255, may preempt
  Hellotime 3 holdtime 10
  Next hello sent in 00:00:01.114
  Hot standby IP address is 192.168.1.254 configured
  Active router is local
  Standby router is 192.168.1.1 expires in 00:00:07
  Standby virtual mac address is 0000.0c07.ac01

黄色の網掛けの「may preempt」からpreempt機能が有効になっていることが確認できます。


◆Coup メッセージ

 preemptを設定すると、自分のプライオリティが最も高いことを確認すると、「Coup メッセージ」を送信して、復旧後、再びActiveルータに速やかに切り替えます。

HSRPでやり取りされるメッセージを確認するには、「debug standby」コマンドを使用します。

Router_Cで「debug standby」コマンドを実行します。

Router_C#debug standby

●Router_Cの「debug standby」コマンドの出力結果
Router_C#debug standby
Hot standby protocol debugging is on
Router_C#
01:17:28: SB1:Ethernet0/0 Hello out 192.168.1.2 Active pri 255 hel 3 hol 10 ip 192.168.1.254
01:17:28: SB1:Ethernet0/0 Hello in 192.168.1.1 Standby pri 100 hel 3 hol 10 ip 192.168.1.254
01:17:31: SB1:Ethernet0/0 Hello out 192.168.1.2 Active pri 255 hel 3 hol 10 ip 192.168.1.254
01:17:31: SB1:Ethernet0/0 Hello in 192.168.1.1 Standby pri 100 hel 3 hol 10 ip 192.168.1.254
01:17:33: SB1:Ethernet0/0 Hello out 192.168.1.2 Active pri 255 hel 3 hol 10 ip 192.168.1.254
01:17:34: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Ethernet0/0, changed state to down
01:17:34: %STANDBY-6-STATECHANGE: Standby: 1: Ethernet0/0 state Active   -> Init
01:17:34: SB1:Ethernet0/0 Resign out 192.168.1.2 Init pri 255 hel 3 hol 10 ip 192.168.1.254
01:17:36: SB1:Ethernet0/0 Hello in 192.168.1.1 Standby pri 100 hel 3 hol 10 ip 192.168.1.254
01:17:36: %LINK-3-UPDOWN: Interface Ethernet0/0, changed state to up
01:17:37: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Ethernet0/0, changed state to up
01:17:39: SB1:Ethernet0/0 Hello in 192.168.1.1 Standby pri 100 hel 3 hol 10 ip 192.168.1.254
01:17:39: %STANDBY-6-STATECHANGE: Standby: 1: Ethernet0/0 state Init     -> Listen
01:17:41: SB1:Ethernet0/0 Hello in 192.168.1.1 Active pri 100 hel 3 hol 10 ip 192.168.1.254
01:17:41: SB1:Ethernet0/0 Coup out 192.168.1.2 Listen pri 255 hel 3 hol 10 ip 192.168.1.254
01:17:41: %STANDBY-6-STATECHANGE: Standby: 1: Ethernet0/0 state Listen   -> Active
01:17:41: SB1:Ethernet0/0 Hello out 192.168.1.2 Active pri 255 hel 3 hol 10 ip 192.168.1.254
01:17:41: SB: Ethernet0/0 Adding 0000.0c07.ac01 to address filter
01:17:41: SB1:Ethernet0/0 Resign in 192.168.1.1 Speak pri 100 hel 3 hol 10 ip 192.168.1.254

 黄色の網掛け部分に注目して下さい。Router_Cは、「Coup」メッセージを送信して、自分がActiveになるということを通知しています。そして自身をActiveに変更しています。


Router_Cは、再びActiveルータに選出されました。

 このように、preemptを設定しておくことで、自分のプライオリティが最も高いことを確認すると、「Coup メッセージ」を送信して、復旧後、再びActiveルータに速やかに切り替えることができます。


HSRP(プリエンプト その1)     
前へ  次へ
HSRP(インタフェーストラッキング その1)

<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)
<関連コンテンツ>
HSRP(二重化 その1)
HSRP(二重化 その2)
HSRP(二重化 その3)
HSRP(二重化 その4)
HSRP(二重化 仮想MACアドレス その5)
HSRP(二重化 検証コマンド その6)
HSRP(二重化 Activeルータの選出 その7)
HSRP(プリエンプト その1)
HSRP(プリエンプト その2 preemptコマンド)
HSRP(インタフェーストラッキング その1)
HSRP(インタフェーストラッキング その2)
HSRP(インタフェーストラッキング その3)
HSRP(Multiple HSRP その1)
HSRP(Multiple HSRP その2)
HSRP(Multiple HSRP その3)
HSRP(Multiple HSRP その4)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.