@network Cisco・アライド実機で学ぶ > Cisco実機で学ぶ(CCNP) > HSRP(インタフェーストラッキング その3)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆HSRP(インタフェーストラッキング その3)

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。



HSRP(インタフェーストラッキング その2)     
前へ  次へ
HSRP(Multiple HSRP その1)

◆HSRP(インタフェーストラッキング その3)

ここでは、「HSRP(インタフェーストラッキング その2)」インタフェーストラッキングを設定を検証してゆきます。

使用するネットワークは、下の構成になります。
※Router_CのS0/0のケーブルはつなげておきます。


Router_Cで、「show standby」コマンドを実行します。

●Router_Cの「show standby」コマンドの出力結果
Router_C#show standby
Ethernet0/0 - Group 1
  Local state is Active, priority 255
  Hellotime 3 holdtime 10
  Next hello sent in 00:00:00.255
  Hot standby IP address is 192.168.1.254 configured
  Active router is local
  Standby router is 192.168.1.1 expires in 00:00:07
  Standby virtual mac address is 0000.0c07.ac01
  Tracking interface states for 1 interface, 1 up:
    Up   Serial0/0 Priority decrement: 200

黄色の網掛け部分から、Router_Cは、Activeルータでプライオリティ値が「255」であることが分かります。

 また、水色の網掛けからインタフェーストラッキングが設定されており、Serial0/0がダウンした場合、プライオリティが200減算されると言うことが分かります。

Router_CのS0/0のケーブルを外します。


すると直ぐに下のメッセージが表示されます。

01:04:22: %LINK-3-UPDOWN: Interface Serial0/0, changed state to down
01:04:22: %STANDBY-6-STATECHANGE: Standby: 1: Ethernet0/0 state Active -> Speak
01:04:23: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Serial0/0, changed state to down
01:04:32: %STANDBY-6-STATECHANGE: Standby: 1: Ethernet0/0 state Speak -> Standby

 「Active -> Speak」、「Speak -> Standby」のメッセージからActive→Speak→Standbyに移行したことが分かります。

Router_Cで、「show standby」コマンドを実行します。

●Router_Cの「show standby」コマンドの出力結果
Router_C#show standby
Ethernet0/0 - Group 1
  Local state is Standby, priority 55
  Hellotime 3 holdtime 10
  Next hello sent in 00:00:00.272
  Hot standby IP address is 192.168.1.254 configured
  Active router is 192.168.1.1 expires in 00:00:08
  Standby router is local
  Standby virtual mac address is 0000.0c07.ac01
  Tracking interface states for 1 interface, 0 up:
    Down Serial0/0 Priority decrement: 200

 黄色の網掛け部分から、Router_Cは、Standbyルータに移行しプライオリティ値が「55」になったことが分かります。

PC_Aから「10.0.0.1」へPingを実行します。

Pingは、もちろん通ります。

 このように、インターフェーストラッキングを設定しておくことで、指定したインタフェースの障害を検知して、HSRPの切り替えを行うことができます。


HSRP(インタフェーストラッキング その2)     
前へ  次へ
HSRP(Multiple HSRP その1)

<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)
<関連コンテンツ>
HSRP(二重化 その1)
HSRP(二重化 その2)
HSRP(二重化 その3)
HSRP(二重化 その4)
HSRP(二重化 仮想MACアドレス その5)
HSRP(二重化 検証コマンド その6)
HSRP(二重化 Activeルータの選出 その7)
HSRP(プリエンプト その1)
HSRP(プリエンプト その2 preemptコマンド)
HSRP(インタフェーストラッキング その1)
HSRP(インタフェーストラッキング その2)
HSRP(インタフェーストラッキング その3)
HSRP(Multiple HSRP その1)
HSRP(Multiple HSRP その2)
HSRP(Multiple HSRP その3)
HSRP(Multiple HSRP その4)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.