@network Cisco・アライド実機で学ぶ > Cisco実機で学ぶ(CCNP) > Fast Ether Channel(PAgP その2)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆Fast Ether Channel(PAgP その2)

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。


◆Fast Ether Channel(PAgP その2)

 「Fast Ether Channel(PAgP その1)」の続きです。ここでは、先ほど構築したPAgPによるEtherChannelを設定を検証してゆきます。



◆show cdp neighbors コマンド

まずは、対向側のスイッチが存在することを確認してみましょう。

●Switch_Aでの「show cdp neighbors」コマンドの出力
Switch_A#show cdp neighbors
Capability Codes: R - Router, T - Trans Bridge, B - Source Route Bridge
                  S - Switch, H - Host, I - IGMP, r - Repeater, P - Phone

Device ID        Local Intrfce     Holdtme    Capability  Platform  Port ID
Switch_B         Fas 0/9            178          S I      WS-C2950-2Fas 0/9
Switch_B         Fas 0/10           178          S I      WS-C2950-2Fas 0/10

対向側にスイッチが存在することが確認できます。


◆show etherchannel コマンド

 設定したEtherChannelが正しく動作しているかを確認するには、「show etherchannel」コマンドを使用します。Swtich_Aで、このコマンドを実行します。

●Switch_Aでの「show etherchannel summary」コマンドの出力
Switch_A#show etherchannel summary
Flags:  D - down        P - in port-channel
        I - stand-alone s - suspended
        H - Hot-standby (LACP only)
        R - Layer3      S - Layer2
        u - unsuitable for bundling
        U - in use      f - failed to allocate aggregator
        d - default port

Number of channel-groups in use: 1
Number of aggregators:           1

Group  Port-channel  Protocol    Ports
------+-------------+-----------+-----------------------------------------------
1      Po1(SU)         PAgP      Fa0/9(P)    Fa0/10(Pd)

出力を見ると分かるように、「Po1」があります。これは、設定したPort-Channel1です。

 上の黄色の網掛けで「SU」と表示されているのは、レイヤ2の設定で現在利用中と言うことを意味しています。「S」は、レイヤ2、「U」は、利用中(USE)を表しています。

「Ports」項目のところの「P」は、現在稼働中であることを意味しています。

引き続き、次の「Fast Ether Channel(PAgP その3)」で検証を続けてゆきます。



<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連コンテンツ>
◆Cisco実機で学ぶ(CCNP) Switch演習  

Fast Ether Channel とは その1
Fast Ether Channel(固定 その1)
Fast Ether Channel(固定 その3)
Fast Ether Channel(LACP その1)
Fast Ether Channel(LACP その3)
Fast Ether Channel(PAgP その1)
Fast Ether Channel(PAgP その3)
SPAN(ミラーリング その1)
SPAN(ミラーリング その3)
Fast Ether Channel とは その2
Fast Ether Channel(固定 その2
Fast Ether Channel(固定 その4)
Fast Ether Channel(LACP その2)
Fast Ether Channel(LACP その4)
Fast Ether Channel(PAgP その2)
Fast Ether Channel(PAgP その4)
SPAN(ミラーリング その2)
SPAN(ミラーリング その4)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.