@network Cisco・アライド実機で学ぶ > Cisco実機で学ぶ(CCNP) > Fast Ether Channel(LACP その3)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆Fast Ether Channel(LACP その3)

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。


◆Fast Ether Channel(LACP その3)

 「Fast Ether Channel(LACP その2)」の続きです。引き続き設定したLACPによるEtherChannelを設定を検証してゆきます。



◆show interfaces port-channel {番号}

ポートチャネルインタフェースも物理インタフェースと同様に「show interfaces」コマンドで状態を確認できます。

●Switch_Aでの「show interfaces port-channel 1」コマンドの出力
Switch_A#show interfaces port-channel 1
Port-channel1 is up, line protocol is up (connected)
  Hardware is EtherChannel, address is 000c.30a0.138a (bia 000c.30a0.138a)
  MTU 1500 bytes, BW 200000 Kbit, DLY 1000 usec,
     reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
  Encapsulation ARPA, loopback not set
  Full-duplex, 100Mb/s, media type is unknown media type
  input flow-control is off, output flow-control is off
  Members in this channel: Fa0/9 Fa0/10
  ARP type: ARPA, ARP Timeout 04:00:00
  Last input 00:00:01, output 00:04:59, output hang never
  Last clearing of "show interface" counters never
  Input queue: 0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
  Queueing strategy: fifo
  Output queue: 0/40 (size/max)
  5 minute input rate 1000 bits/sec, 3 packets/sec
  5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
     872 packets input, 67076 bytes, 0 no buffer
     Received 812 broadcasts (0 multicast)
     0 runts, 0 giants, 0 throttles
     0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored
     0 watchdog, 812 multicast, 0 pause input
     0 input packets with dribble condition detected
     123 packets output, 15052 bytes, 0 underruns
     0 output errors, 0 collisions, 1 interface resets
     0 babbles, 0 late collision, 0 deferred
     0 lost carrier, 0 no carrier, 0 PAUSE output
     0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out


◆show spanning-tree

 スパニングツリーの状態も確認してみます。EtherChannelでは、物理的にループ構造になっています。

 EtherChannelを構成していない場合であれば、いづれかのポートが、ループを防ぐためにブロッキングポートになりますが、EtherChannelを構成している場合は、どのようになっているのかを確認してみましょう。

●Switch_Aでの「show spanning-tree」コマンドの出力
Switch_A#show spanning-tree

VLAN0001
  Spanning tree enabled protocol ieee
  Root ID    Priority    32769
             Address     0006.2afb.9f80
             Cost        12
             Port        65 (Port-channel1)
             Hello Time   2 sec  Max Age 20 sec  Forward Delay 15 sec

  Bridge ID  Priority    32769  (priority 32768 sys-id-ext 1)
             Address     000c.30a0.1380
             Hello Time   2 sec  Max Age 20 sec  Forward Delay 15 sec
             Aging Time 300

Interface        Role Sts Cost      Prio.Nbr Type
---------------- ---- --- --------- -------- --------------------------------
Po1              Root FWD 12        128.65   P2p

 「Interface」項目のところに「Po1」が表示されています。チャネルグループに所属する複数のインタフェースが、1つの物理インタフェースと同じように扱われていることが分かります。

FECを利用すると「Fa/9」「Fa/10」が理論的に1つのポートとして認識されていることが確認できます。


◆show etherchannel protocol

 FECがどのプロトコルで動作しているかを確認するには、「show etherchannel protocol」コマンドを使用します。

●Switch_Aでの「show etherchannel protocol」コマンドの出力
Switch_A#show etherchannel protocol
                Channel-group listing:
                ----------------------

Group: 1
----------
Protocol:  LACP

「LACP」でFECを設定しているので、「LACP」と表示されます。


◆show etherchannel load-balance

 FECが送信元MACアドレス、宛先MACアドレスのどちらで動作しているかを確認するには、「show etherchannel load-balance」コマンドを使用します。

●Switch_Aでの「show etherchannel load-balance」コマンドの出力
Switch_A#show etherchannel load-balance
Source MAC address

「Source MAC address」と表示されます。送信元MACアドレスを元に動作していることが確認できます。


◆show etherchannel detail

FECの詳細を確認するには、「show etherchannel detail」コマンドを使用します。

FECで利用しているプロトコル、FECグループに所属する最大ポート数などが確認できます。

●Switch_Aでの「show etherchannel detail」コマンドの出力
Switch_A#show etherchannel detail
                Channel-group listing:
                ----------------------

Group: 1
----------
Group state = L2
Ports: 2   Maxports = 16
Port-channels: 1 Max Port-channels = 16
Protocol:   LACP
                Ports in the group:
                -------------------
Port: Fa0/9
------------

Port state    = Up Mstr In-Bndl
Channel group = 1           Mode = Active          Gcchange = -
Port-channel  = Po1         GC   =   -             Pseudo port-channel = Po1
Port index    = 0           Load = 0x00            Protocol =   LACP

Flags:  S - Device is sending Slow LACPDUs   F - Device is sending fast LACPDUs.
        A - Device is in active mode.        P - Device is in passive mode.

Local information:
                            LACP port     Admin     Oper    Port     Port
Port      Flags   State     Priority      Key       Key     Number   State
Fa0/9     SA      bndl      32768         0x1       0x1     0x9      0x3D 

Partner's information:

                  LACP port                        Oper    Port     Port
Port      Flags   Priority  Dev ID         Age     Key     Number   State
Fa0/9     SA      32768     0006.2afb.9f80  13s    0x1     0x9      0x3D

Age of the port in the current state: 0d:00h:08m:06s

Port: Fa0/10
------------

Port state    = Up Mstr In-Bndl
Channel group = 1           Mode = Active          Gcchange = -
Port-channel  = Po1         GC   =   -             Pseudo port-channel = Po1
Port index    = 0           Load = 0x00            Protocol =   LACP

Flags:  S - Device is sending Slow LACPDUs   F - Device is sending fast LACPDUs.
        A - Device is in active mode.        P - Device is in passive mode.

Local information:
                            LACP port     Admin     Oper    Port     Port
Port      Flags   State     Priority      Key       Key     Number   State
Fa0/10    SA      bndl      32768         0x1       0x1     0xA      0x3D 

Partner's information:

                  LACP port                        Oper    Port     Port
Port      Flags   Priority  Dev ID         Age     Key     Number   State
Fa0/10    SA      32768     0006.2afb.9f80  15s    0x1     0xA      0x3D

Age of the port in the current state: 0d:00h:08m:10s

                Port-channels in the group:
                ---------------------------

Port-channel: Po1    (Primary Aggregator)

------------

Age of the Port-channel   = 0d:00h:11m:39s
Logical slot/port   = 1/0          Number of ports = 2
HotStandBy port = null
Port state          = Port-channel Ag-Inuse
Protocol            =   LACP

Ports in the Port-channel:

Index   Load   Port     EC state        No of bits
------+------+------+------------------+-----------
  0     00     Fa0/9    Active             0
  0     00     Fa0/10   Active             0

Time since last port bundled:    0d:00h:08m:10s    Fa0/9

次の「Fast Ether Channel(LACP その4)」では、構築したFECが冗長化を実現しているかを確認してゆきます。



<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連コンテンツ>
◆Cisco実機で学ぶ(CCNP) Switch演習  

Fast Ether Channel とは その1
Fast Ether Channel(固定 その1)
Fast Ether Channel(固定 その3)
Fast Ether Channel(LACP その1)
Fast Ether Channel(LACP その3)
Fast Ether Channel(PAgP その1)
Fast Ether Channel(PAgP その3)
SPAN(ミラーリング その1)
SPAN(ミラーリング その3)
Fast Ether Channel とは その2
Fast Ether Channel(固定 その2
Fast Ether Channel(固定 その4)
Fast Ether Channel(LACP その2)
Fast Ether Channel(LACP その4)
Fast Ether Channel(PAgP その2)
Fast Ether Channel(PAgP その4)
SPAN(ミラーリング その2)
SPAN(ミラーリング その4)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.