@network Cisco・アライド実機で学ぶ > SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ) > QoS(その2)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆QoS(その2)

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。


◆QoS(その2)

QoS(その1)」の続きです。

引き続き、Router_AにQoSを設定してゆきます。

ネットワーク構成は、以下の通りです。


 QoSポリシーを適用するインターフェイスを指定します。ここでは、Ehternet0を指定します。QoSポリシーはアウトバウンドトラフィックに適用されます。

 「NBARプロトコル検出(外部)」を選択します。NBARとは「Network-Based Application Recognition」の略で、このプロトコルを使用することで、Modular QoSを利用することができます。

 以前のQoSの設定と比べて、文字列で表現できるため、設定が簡素化され、後から設定を見直した時に、分かりやすくメンテナンスが容易になります。設定の追加や削除も容易になります。

※NBARを利用するには、CEFが有効でなければなりません。

「次へ」ボタンをクリックします。


 ここでは、音声に「20%」を指定しておきます。ベストエフォートは、残りが自動的に設定され、合計が100%になるようになっています。

「次へ」ボタンをクリックします。


「QoSの要約」が表示されます。

「完了」ボタンをクリックすると設定は、完了です。


ちなみにQoSの概要は、以下のようになっています。

●QoSの概要
インターフェイス:      Ethernet0

分類:      NBARプロトコル検出

ポリシー名:     SDM-QoS-Policy-1

ポリシーの詳細

---------------------------------------------------------------------------
クラス名:     SDM-Voice-1
---------------------------------------------------------------------------
有効:     はい
一致プロトコル:     rtp audio
キューイング:     LLQ
帯域幅パーセント値:     20
DSCPの設定:     ef

----------------------------------------------------------------------------
クラス名:     SDM-Signaling-1
----------------------------------------------------------------------------
有効:     はい
一致プロトコル:     h323,rtcp,sip
キューイング:     CBWFQ
帯域幅パーセント値:     5
DSCPの設定:     cs3

----------------------------------------------------------------------------
クラス名:     SDM-Routing-1
----------------------------------------------------------------------------
有効:     はい
一致プロトコル:     bgp,egp,eigrp,ospf,rip,rsvp
キューイング:     CBWFQ
帯域幅パーセント値:     5
DSCPの設定:     cs6

----------------------------------------------------------------------------
クラス名:     SDM-Management-1
----------------------------------------------------------------------------
有効:     はい
一致プロトコル:     dhcp,dns,imap,kerberos,ldap,secure-imap,secure-ldap,snmp,
socks,syslog
キューイング:     CBWFQ
帯域幅パーセント値:     5
DSCPの設定:     cs2

----------------------------------------------------------------------------
クラス名:     SDM-Transactional-1
----------------------------------------------------------------------------
有効:     はい
一致プロトコル:     citrix,finger,notes,novadigm,pcanywhere,secure-telnet,
sqlnet,sqlserver,ssh,telnet,xwindows
キューイング:     CBWFQ
帯域幅パーセント値:     5
DSCPの設定:     af21

----------------------------------------------------------------------------
クラス名:     class-default
----------------------------------------------------------------------------
有効:     はい
キューイング:     Fair??Queue
ランダム検出:     はい

----------------------------------------------------------------------------
クラス名:     SDM-Interactive-Video-1
----------------------------------------------------------------------------
有効:     いいえ
一致プロトコル:     rtp video
DSCPの設定:     af41

----------------------------------------------------------------------------
クラス名:     SDM-Streaming-Video-1
----------------------------------------------------------------------------
有効:     いいえ
一致プロトコル:     cuseeme,netshow,rtsp,streamwork,vdolive
DSCPの設定:     cs4

----------------------------------------------------------------------------
クラス名:     SDM-BulkData-1
----------------------------------------------------------------------------
有効:     いいえ
一致プロトコル:     exchange,ftp,irc,nntp,pop3,printer,secure-ftp,secure-irc
,secure-nntp,secure-pop3,smtp,tftp
DSCPの設定:     af11

----------------------------------------------------------------------------
クラス名:     SDM-Scavenger-1
----------------------------------------------------------------------------
有効:     いいえ
一致プロトコル:     fasttrack,gnutella
DSCPの設定:     cs1

「SDM警告」が表示されます。

「はい」ボタンをクリックします。


「コマンド配信ステータス」が表示されます。

「OK」ボタンをクリックします。


「QoSポリシーの編集」タブが表示されます。


「%」を振り分けて設定したとおりになっていることが確認できます。

「rtp audio」が20%になっています。


「SDM-Voice-1」をダブルクリックします。

「プロトコル」を選択して「編集」ボタンをクリックします。


「tftp」プロトコルを追加します。

追加したら、「OK」ボタンをクリックします。


「tftp」が使いされていることが確認できます。

「OK」ボタンをクリックします。


「変更の適用」をクリックして、変更を反映させます。


「保存」ボタンをクリックします。


「はい」ボタンをクリックします。


これで、Router_Aの設定は完了です。

 次の「QoS(その3)」では、QoSを検証するために、指定した帯域幅でトラフィックを流すツールをPCにインストールしてゆきます。



スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連コンテンツ>
QoS(その1)
QoS(その2)
QoS(その3)
QoS(その4)
QoS(その5)
QoS(その6)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.