@network Cisco・アライド実機で学ぶ > SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ) > ACL(その2)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆ACL(その2)

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。


◆ACL(その2)

ACL(その1)」の続きです。

引き続き、下図のネットワークにACLを配置してゆきます。


※SDMでACLの設定を行うには、ルータの2つ以上のインターフェイスにIPアドレスを設定する必要があります。今回は、便宜上、E0インターフェイスにもIPアドレスを設定しますが、使用しません。

送信元に「FastEthernet0」を宛先に「Ethernet0」を選択し、「移動」ボタンををクリックします。


「FastEthernet-インバウンド」になっていることを確認します。


「追加」ボタンをクリックし、「新規追加」を選択します。


PC_AからのTelnet接続を禁止するACLを作成します。

アクションの選択に、「拒否する」を選択します。

説明に「Telnet deny」と入力します。
※ここでは、どんな文字列を入力してもかまいません。

プロトコルとサービスに「TCP」を選択します。


すると、送信元ポートと宛先ポートが指定できるようになります。

「...」ボタンをクリックします。


「サービス」の選択で、「telnet(23)」を選択し、「OK」ボタンをクリックします。


Telnetを拒否するACLが定義できたことが確認できます。


ここで、「変更の適用」ボタンをクリックしては、いけません。

Ciscoルータでは、ACLの最後の行に自動的に「暗黙のDeny」が追加されるからです。

このまま、「変更の適用」ボタンを押して適用させると

Telnetをdeny(拒否)
IPによる通信をdeny(拒否)

になってしまいます。つまり、全ての通信が拒否されてしまいます。

その結果、SDMの接続も切れて操作不能に陥ってしまいます。

そこで、Telnetをdeny(拒否する)するACLの後に、全ての通信を許可するACLを追加します。

続きは、次の「ACL(その3)」で、設定してゆきます。



スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連コンテンツ>
ACL(その1)
ACL(その2)
ACL(その3)
ACL(その4)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.