@network Cisco・アライド実機で学ぶ > CCENT(ICND1)実機で学ぶ > 基数変換(2進数から10進数)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆基数変換(2進数から10進数)

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。


◆基数変換(2進数から10進数)

2進数の重みは、以下の図のようになっています。


1のビットの立っているところの重みとを各桁の数字と掛けてからすべて足してゆけば、変換することができます。

例)(240)10→(11110000)の基数変換
(注)(240)10は、10進数240を表します。


 (11110000)2

= 1 × 27 + 1 × 26 + 1 × 25 + 1 × 24

  + 0 × 23 + 0 × 22 + 0 × 21 + 0 × 20

= 128 + 64 + 32 + 16 + 0 + 0 + 0 + 0

= (240)10

次の「基数変換(10進数から2進数)」では、10進数から2進数への基数変換について説明します。

基数変換」 ← 前項 | 次項 → 「10進数から2進数





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連コンテンツ>
基数変換
2進数から10進数
10進数から2進数
10進数から8進数,10進数から16進数
8進数から10進数,16進数から10進数
2進数から8進数,2進数から16進数
8進数から16進数,16進数から8進数
サブネットマスクと2進数

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.