@network Cisco・アライド実機で学ぶ > Cisco実機で学ぶ(CCNA) > NATの検証コマンド

 Amazon

@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆NATの検証コマンド

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆NATの検証コマンド

●show ip nat translations

現在のNATテーブルを確認するには「show ip nat translations」コマンドを使います。

Router#show ip nat translations

●スタティックNATでの出力
Router_A#show ip nat translations
Pro Inside global      Inside local       Outside local      Outside global
--- 200.1.1.1          172.16.1.2         ---                ---

●ダイナミックNATでの出力
Router_A#show ip nat translations
Pro Inside global      Inside local       Outside local      Outside global
--- 200.1.1.1          172.16.1.2         ---                ---
--- 200.1.1.2          172.16.1.3         ---                ---

●PAT(オーバーローディング)での出力
Router_A#show ip nat translations
Pro Inside global      Inside local       Outside local      Outside global
icmp 10.1.1.1:512      172.16.1.3:512     10.1.1.2:512       10.1.1.2:512
icmp 10.1.1.1:513      172.16.1.2:512     10.1.1.2:512       10.1.1.2:513


●clear ip nat translations *

 現在のダイナミックNATの変換を全てクリアしたい場合や、ダイナミックNATの設定を途中で変更したい場合に使用するコマンドです。

Router#clear ip nat translations *

NATテーブルが使用中の場合、変更しようとすると以下のように警告されます。

Router_A(config)#ip nat inside source list 1 interface serial 0
%Dynamic mapping in use, cannot change


●show ip nat statistics

「show ip nat statistics」コマンドは、アドレス変換に関する統計を表示します。

Router#show ip nat statistics

●「show ip nat statistics」コマンドの出力
Router_A#show ip nat statistics
Total active translations: 0 (0 static, 0 dynamic; 0 extended)
Outside interfaces:
  Serial0
Inside interfaces:
  FastEthernet0
Hits: 41  Misses: 5
Expired translations: 2
Dynamic mappings:
-- Inside Source
access-list 1 interface Serial0 refcount 0


●debug ip nat

リアルタイムにアドレス変換を確認したい場合には、「debug ip nat」コマンドを使用します。

Router#debug ip nat

●「debug ip nat」コマンドの出力
Router_A#debug ip nat
IP NAT debugging is on
Router_A#
03:17:54: NAT: s=172.16.1.2->10.1.1.1, d=10.1.1.2 [826]
03:17:54: NAT*: s=10.1.1.2, d=10.1.1.1->172.16.1.2 [826]
03:17:55: NAT*: s=172.16.1.2->10.1.1.1, d=10.1.1.2 [827]
03:17:55: NAT*: s=10.1.1.2, d=10.1.1.1->172.16.1.2 [827]
03:17:56: NAT*: s=172.16.1.2->10.1.1.1, d=10.1.1.2 [828]
03:17:56: NAT*: s=10.1.1.2, d=10.1.1.1->172.16.1.2 [828]
03:17:57: NAT*: s=172.16.1.2->10.1.1.1, d=10.1.1.2 [829]
03:17:57: NAT*: s=10.1.1.2, d=10.1.1.1->172.16.1.2 [829]

03:17:54: NAT: s=172.16.1.2->10.1.1.1, d=10.1.1.2 [826]

S : 送信元IPアドレス「172.16.1.2」
-> : 内部グローバルアドレス「10.1.1.1」に変換
d : 宛先IPアドレス「10.1.1.2」

を指します。



<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)
<関連コンテンツ>
NATの概要
NATの種類
NAT(スタティックNAT)
NAT(ダイナミックNAT)
NAT(PAT オーバーローディング)
NATの検証コマンド

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.