@network Cisco・アライド実機で学ぶ > CCENT(ICND1)実機で学ぶ > 設定の保存時の注意(IOSが消去される)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆設定の保存時の注意(IOSが消去される)

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。


◆設定の保存時の注意(IOSが消去される)

ルータを設定していると誤ってIOSを消してしまうことがあります。

 copyコマンドを間違えて指定してしまったり、deleteコマンドで消してしまうのは、自己責任ですが、時になんで、IOSが消えてしまったんだろうと思うことがあります。

例えば、設定ファイルを保存する時

Router#copy running-config startup-config

と保存するわけですが、

下のように間違えてコマンドを入力するとIOSが消されてしまう場合があります。

Router#copy running-config strtup-config

「startup-config」を「strtup-config」と入力ミスしています。

●設定ファイルを間違えて保存した場合
Router#copy running-config strtup-config
Destination filename [strtup-config]?
Erase flash: before copying? [confirm]^C
Verifying checksum...  OK (0xB62C)
404 bytes copied in 0.790 secs

Erase flash: before copying? [confirm]^C

なんと!「コピーする前にflashを消すけど」って言われてしまいます。

 コマンド操作に慣れてくると、設定ファイルの保存は、無意識に指先のリズムに乗って打ち込んでしまいますので、慣例的に、「Enterキー」「Enterキー」で先に進めてしまう癖が付いてしまっています。

ここでは、「Ctrl + C」で抜けました。「Enterキー」を押してしまうと、IOSが消去されてしまいます。

IOSが消されてしまうと、IOSを復旧しなければなりません。IOSのバックアップを取っていれば、TFTPサーバ等を利用して、復旧できますが、バックアップがなければ、ルータを復旧することはできません。IOSが搭載されていない、ルータはただの箱になってしまいます。

ちなみに、「Ctrl + C」で抜けても、flashにファイルとして保存されてしまいます。

Router#show flash

コマンドで確認してみると、以下のように出力されます。

●show flash
Router#show flash

System flash directory:
File  Length   Name/status
  1   3430324  c2600-i-mz.120-14
  2   404      strtup-config
[3430856 bytes used, 4957752 available, 8388608 total]
8192K bytes of processor board System flash (Read/Write)

 必要のない「strtup-config」が保存されています。このファイルは、単なるゴミです。貴重なflashの容量を圧迫するだけです。

必要のないファイルは、削除しておきます。

●flashの中身を削除する

この不要なゴミファイル「strtup-config」を削除するには、「delete」コマンドを使います。

「delete」コマンドは、どこの何を消すか指定します。

flashにある「strtup-config」を消すわけですから、「 flash:strtup-config」と指定します。

Router#delete flash:strtup-config

●delete flash:strtup-config
Router#delete flash:strtup-config
Delete filename [strtup-config]?
Delete flash:strtup-config? [confirm]

これで、不要な「strtup-config」は、消されるはずですが、「show flash」してみると

●delete flash:strtup-config
Router#show flash

System flash directory:
File  Length   Name/status
  1   3430324  c2600-i-mz.120-14
  2   404      strtup-config [deleted]
[3430856 bytes used, 4957752 available, 8388608 total]
8192K bytes of processor board System flash (Read/Write)

strtup-config」が、まだ表示されるじゃありませんか!

 よく見て下さい![deleted]が付いています。flash上には、まだ残っていますが、「削除」のフラグが付けられました。

しかし、なんだか、不要なものが残っているのは、気味が悪いし、かっこ悪いですよね!

設定ファイルを保存する際には、

Router#copy run[TAB] start[TAB]

途中で「TAB」キーを押して、コマンド保管して

Router#copy running-config startup-config

となるのを確認してから保存しましょう!

慣れてくると、ついつい

Router#copy run start

として、しまいがちです。何百回と保存していると、短い単語でもスペルミスを起こして、何回かIOSを消してしまう経験をすると思います。

気をつけましょう!

IOS起動(0x2102〜0x210F)」 ← 前項 | 次項 → 「パスワードリカバリー(ルータ)





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.