@network Cisco・アライド実機で学ぶ > CCENT(ICND1)実機で学ぶ > 経路制御

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆経路制御

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。


◆経路制御

IPというプロトコルは、ネットワークで住所情報を提供するプロトコルです。

 IPアドレスは、ネットワーク部とホスト部で構成され、ネットワークアドレスを提供することで、広大で複雑なネットワークで、データを転送を効率的に提供するための経路制御に関する役割も担っています。

例えば、電子メールを送る場合を送る場合を考えてみます。


送信元から宛先までの経路上にはルータと呼ばれる機器が存在します。

ルータとは、どんな装置なんでしょうか?

道路が交わる交差点を思い出して下さい。

交差点には、何がありますか?

案内標識がありますよね。


ネットワークにおいては、経路の交わるところにルータが存在します。

ルータは、案内標識に該当する経路情報を持っています。

 ルータは、届いたメールの宛先のネットワークアドレスを見て、どの経路に送ったらよいのか判断し、最適な経路に送り出しています。


経由するルータごとに、この動作が行われることで、宛先にデータが届けられるようになっています。

IPアドレスの役割」 ← 前項 | 次項 → 「IPアドレス(基本 その1)





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.