@network Cisco・アライド実機で学ぶ > YAHAMAルータ実機で学ぶ > RIPのアップデートをフィルタリングする

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆RIPのアップデートをフィルタリングする

※動作確認は、YAMAHA RTX1000ルータで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、ファームウェアのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。



◆RIPのアップデートをフィルタリングする

ここでは、RIPの使用時に特定のルート情報を遮断する設定を紹介してゆきます。

まずは、下図のネットワークをRIPで構築します。


●RAの設定

RAルータにIPアドレスの振り当てなどの基本設定を行います。

# console prompt RA
RA# ip lan1 address 192.168.1.1/24
RA# ip lan2 address 192.168.2.1/24
RA# rip use on

●RBの設定

RBルータにIPアドレスの振り当てなどの基本設定を行います。

# console prompt RB
RB# ip lan1 address 192.168.3.1/24
RB# ip lan2 address 192.168.2.2/24
RB# rip use on


◆ルーティングテーブルの表示

ルーティングテーブルを表示するには、「show ip route」を使用します。

# show ip route

RAのルーティングテーブルを表示します。

●「show ip route」コマンドの出力
RA# show ip route
宛先ネットワーク    ゲートウェイ     インタフェース  種別  付加情報
192.168.1.0/24      192.168.1.1            LAN1  implicit
192.168.2.0/24      192.168.2.1            LAN2  implicit
192.168.3.0/24      192.168.2.2            LAN2       RIP  metric=1

RIPにより経路が学習されていることが確認できます。

RBのルーティングテーブルを表示します。

●「show ip route」コマンドの出力
RB# show ip route
宛先ネットワーク    ゲートウェイ     インタフェース  種別  付加情報
192.168.1.0/24      192.168.2.1            LAN2       RIP  metric=1
192.168.2.0/24      192.168.2.2            LAN2  implicit
192.168.3.0/24      192.168.3.1            LAN1  implicit

RIPにより経路が学習されていることが確認できます。


◆RIPの経路のフィルタリング設定

 ネットワークアドレスが「192.168.1.0/24」に関する経路情報だけをPP側に流さないように設定します。

・始点IPアドレスには「192.168.1.*」を指定します。終点IPアドレスには任意なので「*」を指定します。
RA# ip filter 1 reject 192.168.1.* *

・条件に一致しないその他のパケットが全て破棄されてしまうことになるので、全てを許可するフィルタを追加します。
RA# ip filter 2 pass * *

・pp側の「out」の方向にRIP情報のフィルタを適用します。
RA# ip lan2 rip filter out 1 2


◆ルーティングテーブルの確認

# show ip route

RAのルーティングテーブルを表示します。

●「show ip route」コマンドの出力
RA# show ip route
宛先ネットワーク    ゲートウェイ     インタフェース  種別  付加情報
192.168.1.0/24      192.168.1.1            LAN1  implicit
192.168.2.0/24      192.168.2.1            LAN2  implicit
192.168.3.0/24      192.168.2.2            LAN2       RIP  metric=1

RIPにより経路が学習されていることが確認できます。

RBのルーティングテーブルを表示します。

●「show ip route」コマンドの出力
RB# show ip route
宛先ネットワーク    ゲートウェイ     インタフェース  種別  付加情報
192.168.2.0/24      192.168.2.2            LAN2  implicit
192.168.3.0/24      192.168.3.1            LAN1  implicit

 「192.168.1.0/24」の経路情報がないことが確認できます。それは、RAが「192.168.1.0/24」のRIPの経路情報のフィルタリングを行ったからです。

静的フィルタリングの設定例の解説」 ← 前項 | 次項 → 「動的フィルタリング(その1)





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
ICND2実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
YAMAHAルータ実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.