@network Cisco・アライド実機で学ぶ > YAHAMAルータ実機で学ぶ > 静的フィルタリングの基本コマンド(その2)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆静的フィルタリングの基本コマンド(その2)

※動作確認は、YAMAHA RTX1000ルータで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、ファームウェアのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。



◆静的フィルタリングの基本コマンド(その2)

ここでは、静的フィルタリングを設定するコマンドを紹介してゆきます。


◆フィルタセットの定義

ip filter set name direction filter_list [filter_list ...]

【設定値及び初期値】

●name
フィルタセットの名前を表す文字列

●direction
in 入力方向のフィルタ
out 出力方向のフィルタ

●filter_list
空白で区切られたフィルタ番号の並び (1000個以内)

 IPパケットのフィルタは、次のコマンドで設定します。protocol に”*”を指定するか、TCP/UDPを含む複数のプロトコルを列挙している場合には、src_port_list と dest_port_listの指定は、パケットがTCPまたは、UDPである場合はポート番号がフィルタが比較され、その他のプロトコル(ICMPなど)の場合には、src_port_list と dest_port_list の指定は存在しないものとしてフィルタと比較されます。

# ip filter filter_num pass_reject src_addr[/mask] [dest_addr[/mask] [protocol [src_port_list[dest_port_list]]]]

【設定値及び初期値】

●filter_num
設定値 : 静的フィルタ番号 (1..21474836)

●pass_reject
設定値 :
設定値 説明
pass 一致すれば通す。(ログに記録しない)
pass-log 一致すれば通す。(ログに記録する)
reject 一致すれば破棄する。(ログに記録しない)
reject-log 一致すれば破棄する。(ログに記録する)
※その他の設定値は、コマンドリファレンスを参照して下さい。

●src_addr
IP パケットの始点 IP アドレス
・xxx.xxx.xxx.xxx (xxx は十進数 )
・「* 」( ネットマスクの対応するビットが 8 ビットとも 0 と同じ。すべての IP アドレスに対応 )

●dest_addr
・IP パケットの終点 IP アドレス
設定値 :
・src_addr と同じ形式。省略時は 1 個の * と同じ。

●mask
IP アドレスのビットマスク (src_addr および dest_addr がネットワークアドレスの場合のみ指定可)
設定値 :

・xxx.xxx.xxx.xxx (xxx は十進数 )
・0x に続く十六進数
・マスクビット数
・省略時は 0xffffffff と同じ

●protocol
フィルタリングするパケットの種類
設定値 :
・プロトコルを表す十進数 (0..255)
・プロトコルを表すニーモニック
設定値 :
ニーモニック 10進数 説明
icmp 1 icmpパケット
tcp 6 tcpパケット
udp 17 udpパケット
※その他の設定値は、コマンドリファレンスを参照して下さい。
・上項目のカンマで区切った並び (5 個以内 )

・特殊指定
設定値 説明
icmp-error TYPE が 3、4、5、11、12、31、32 のいずれかであるICMPパケット
icmp-info TYPE が 0、8.10、13.18、30、33.36 のいずれかであるICMPパケット
tcpsyn SYN フラグの立っているtcpパケット
tcpfin FIN フラグの立っているtcpパケット
tcprst RST フラグの立っているtcpパケット
established ACKフラグの立っているtcp パケット内から外への接続は許可するが、外から内への接続は拒否する。
tcpflag=value/mask TCP フラグの値と mask の値の論理積 (AND) が、value に一致、または不一致であるTCP パケット。
value と mask は 0x に続く十六進数で 0x0000〜0xffff
tcpflag!=value/mask
* 全てのプロトコル
※省略時は、*と同じ。

●src_port_list
 protocolに、TCP(tcp/tcpsyn/tcpfin/tcprst/established/tcpflag)、UDP(udp) のいずれかが含まれる場合は、TCP/UDP のソースポート番号。protocolがICMP単独の場合には、ICMPタイプ。

設定値 :
・ポート番号、タイプを表す十進数
・ポート番号を表すニーモニック

ニーモニック ポート番号
ftp 20,21
ftpdata 20
telnet 23
smtp 25
domain 53
gopher 70
www 80
pop3 110
ident 113
ntp 123
snmp 161
syslog 514
※その他のニーモニックは、コマンドリファレンスを参照して下さい。

・上項目のカンマで区切った並び (10個以内)
・* ( すべてのポート、タイプ )
・省略時は * と同じ。

静的フィルタリングの基本コマンド(その1)」 ← 前項 | 次項 → 「静的フィルタリングの設定(その1)





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
ICND2実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
YAMAHAルータ実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.