@network Cisco・アライド実機で学ぶ > CCENT・CCNA無線実機で学ぶ > WDSの設定(その1)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆WDSの設定(その1)

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。


※BUFFALOの「WHR-AMPG」を使用した設定例を紹介していますが、ブロードバンドルータの設定は、どの機種も似たようなものです。他のブロードバンドルータをお持ちの方でも、同じような設定ができると思います。

◆WDSの設定(その1)

ここでは、WDSの設定方法を紹介してゆきます。

WDSを設定するには、以下の制約事項や設定事項があります。

●通信する相手の無線側のMACアドレスを登録する。

通信する相手の無線側MACアドレスを登録します。有線(LAN)側のMACアドレスではないので注意して下さい。


●AOSS機能を無効にする。

AOSSなどの無線の設定を簡単に行う機能があれば、無効にする必要があります。


●お互いに同じ無線方式、無線チャネル、WEPの暗号化キーを設定する。

 WDSでお互いに通信をするためには、両方のアクセスポイントで、同じ無線方式(802.11a/802.11g)と無線チャンネル、WEPの暗号キーを同じ値にします。

●WDS専用モードにする。 ※必要に応じて

 アクセスポイントに流れる通信料が多くなると、WDSを設定したアクセスポイント間の通信が途切れやすくなります。その場合は、WDS専用モードにする必要があります。そうすることで、安定した通信が行われるようになります。

●必要がなければ、アクセスポイントをブリッジモードにする。

 単にリピータのように使用して、無線LANを拡張したいだけであれば、アクセスポイントをブリッジモードにします。ブリッジモードにするには、本体の裏側に、スイッチが付いているので、スイッチを「BRI.」に切り替えます。


 無線ブロードバンドルータのルーター機能をOFFにすると、本体のデフォルトのIPアドレスが変わる製品もあります。例えば、今回、使用したWHR-AMPGの場合、IPアドレスは、「192.168.11.100」に変更されます。

IPアドレスが、変わる製品もあるので、注意して下さい。

次の「WDSの設定(その2)」では、WDSの設定を行ってゆきます。



スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.