@network Cisco・アライド実機で学ぶ > Cisco実機で学ぶ(CCNA) > インタフェースの確認(物理層・データリンク層)

スポンサードリンク
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆インタフェースの確認(物理層・データリンク層)

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。

◆インタフェースの確認(物理層・データリンク層)

 ルータが装備している全てのインタフェースのステータスを表示するコマンドは、以下のコマンドになります。

Router#show interfaces

 このコマンドは、全てのインタフェースのステータスを確認できるのですが、出力とても長いのが難点です。

 インタフェースの状態、送受信するパケットの数、エラーパケットの数、インタフェースのカプセル化の指定などが確認できます。

●「show interfaces」の出力結果
Router#show interfaces
Ethernet0 is administratively down, line protocol is down
  Hardware is Lance, address is 00e0.b063.e863 (bia 00e0.b063.e863)
  MTU 1500 bytes, BW 10000 Kbit, DLY 1000 usec, rely 252/255, load 1/255
  Encapsulation ARPA, loopback not set, keepalive set (10 sec)
  ARP type: ARPA, ARP Timeout 04:00:00
  Last input never, output 00:14:31, output hang never
  Last clearing of "show interface" counters never
  Queueing strategy: fifo
  Output queue 0/40, 0 drops; input queue 0/75, 0 drops
  5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
  5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
     0 packets input, 0 bytes, 0 no buffer
     Received 0 broadcasts, 0 runts, 0 giants
     0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort
     0 input packets with dribble condition detected
     1 packets output, 60 bytes, 0 underruns
     1 output errors, 0 collisions, 2 interface resets
     0 babbles, 0 late collision, 0 deferred
     1 lost carrier, 0 no carrier
     0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
Serial0 is up, line protocol is up
  Hardware is HD64570
  Internet address is 192.168.1.1/24
  MTU 1500 bytes, BW 64 Kbit, DLY 20000 usec, rely 255/255, load 1/255
  Encapsulation HDLC, loopback not set, keepalive set (10 sec)
  Last input 00:00:07, output 00:00:03, output hang never
  Last clearing of "show interface" counters never
  Input queue: 0/75/0 (size/max/drops); Total output drops: 0
  Queueing strategy: weighted fair
  Output queue: 0/64/0 (size/threshold/drops)
     Conversations  0/1 (active/max active)
     Reserved Conversations 0/0 (allocated/max allocated)
  5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
  5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
     23 packets input, 1534 bytes, 0 no buffer
     Received 23 broadcasts, 0 runts, 0 giants
     0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort
     95 packets output, 3649 bytes, 0 underruns
     0 output errors, 0 collisions, 25 interface resets
     0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
     48 carrier transitions
     DCD=up  DSR=up  DTR=up  RTS=up  CTS=up
Serial1 is administratively down, line protocol is down
  Hardware is HD64570
  MTU 1500 bytes, BW 1544 Kbit, DLY 20000 usec, rely 255/255, load 1/255
  Encapsulation HDLC, loopback not set, keepalive set (10 sec)
  Last input never, output never, output hang never
  Last clearing of "show interface" counters never
  Input queue: 0/75/0 (size/max/drops); Total output drops: 0
  Queueing strategy: weighted fair
  Output queue: 0/64/0 (size/threshold/drops)
     Conversations  0/0 (active/max active)
     Reserved Conversations 0/0 (allocated/max allocated)
  5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
  5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
     0 packets input, 0 bytes, 0 no buffer
     Received 0 broadcasts, 0 runts, 0 giants
     0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort
     0 packets output, 0 bytes, 0 underruns
     0 output errors, 0 collisions, 1 interface resets
     0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
     0 carrier transitions
     DCD=down  DSR=down  DTR=down  RTS=down  CTS=down
TokenRing0 is administratively down, line protocol is down
  Hardware is TMS380, address is 0007.0dc6.1746 (bia 0007.0dc6.1746)
  MTU 4464 bytes, BW 16000 Kbit, DLY 630 usec, rely 255/255, load 1/255
  Encapsulation SNAP, loopback not set, keepalive set (10 sec)
  ARP type: SNAP, ARP Timeout 04:00:00
  Ring speed: 0 Mbps
  Single ring node, Source Route Transparent Bridge capable
  Ethernet Transit OUI: 0x000000
  Last input never, output never, output hang never
  Last clearing of "show interface" counters never
  Queueing strategy: fifo
  Output queue 0/40, 0 drops; input queue 0/75, 0 drops
  5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
  5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
     0 packets input, 0 bytes, 0 no buffer
     Received 0 broadcasts, 0 runts, 0 giants
     0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort
     0 packets output, 0 bytes, 0 underruns
     0 output errors, 0 collisions, 0 interface resets
     0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
     1 transitions

 出力結果を見ると分かりますが、「show interfaces」コマンドは、全てのインタフェースのステータスが出力されるので、とても長くなるのが確認できます。

●特定のインタフェースだけを確認する

特定のインタフェースだけのスタータスを確認するには、引数にインタフェースを指定します。

Router#show interfaces <インタフェース名> <インタフェース番号>

例えば、「Serial 0」のステータスを確認するには、以下のコマンドを指定します。

Router#show interfaces serial 0

●「show interfaces serial 0」の出力結果
Router#show interfaces serial 0
Serial0 is up, line protocol is up
  Hardware is HD64570
  Internet address is 192.168.1.1/24
  MTU 1500 bytes, BW 64 Kbit, DLY 20000 usec, rely 255/255, load 1/255
  Encapsulation HDLC, loopback not set, keepalive set (10 sec)
  Last input 00:00:02, output 00:00:07, output hang never
  Last clearing of "show interface" counters never
  Input queue: 0/75/0 (size/max/drops); Total output drops: 0
  Queueing strategy: weighted fair
  Output queue: 0/64/0 (size/threshold/drops)
     Conversations  0/1 (active/max active)
     Reserved Conversations 0/0 (allocated/max allocated)
  5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
  5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
     543 packets input, 32249 bytes, 0 no buffer
     Received 543 broadcasts, 0 runts, 0 giants
     0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort
     613 packets output, 34433 bytes, 0 underruns
     0 output errors, 0 collisions, 25 interface resets
     0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
     48 carrier transitions
     DCD=up  DSR=up  DTR=up  RTS=up  CTS=up

上の黄色い網掛けの部分は、物理層の状態と、データリンク層の状態を表します。



 リンクの状況が、それぞれ「up」になっていれば、データリンク層までの通信が、正常であると判断できます。この部分を確認することは、トラブルシューティングにおいて役立ちます。

物理層、データリンク層の「up」「down」を知ることによって以下ような原因を推測することができます。

●物理層とデータリンク層の状態
物理層 データリンク層 インタフェース
の状態
トラブルの原因
up up 問題なし  
up down データリンク層の問題 ・カプセル化の間違い
・クロックレートの問題
・キープアライブの失敗
down down 物理層の問題 ・ケーブル破損
・ケーブル配線
・インタフェースの破損
administratively down down 管理者が意図的にダウンさせている。 ・管理目的で、インタフェースをshutdownしている。
down up ありえません 物理層がdownすれば、必ずデータリンク層もダウンします

スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)
<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.