@network Cisco・アライド実機で学ぶ > CCENT(ICND1)実機で学ぶ > TCPの制御(回線の切断)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆TCPの制御(回線の切断)

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。


◆TCPの制御(回線の切断)

TCPにおける通信の終了は、以下のようなケースがあります。

・データ送信の終了
・回線の強制切断


●データ送信の終了

 送信側で、送信するデータがなくなったら、コードビットのFINフラグを「1」にセットしたセグメントを送信します。

 相手側も送信するデータがなければ、FINフラグを「1」にセットしたセグメントを返します。その後、バーチャルサーキットの接続が切断されます。


※実際には、最後に送信元がACKフラグをセットし、「シーケンス番号+1」したセグメントを送信してコネクションが終了となります。

 TCPのクローズ処理では、これ以上送信するデータがないということをお互いに通知しあうことで、初めてクローズ処理が完了します。一方的に受信をやめるだけでは、正しいクローズ処理にはなりません。


●回線の強制切断

 TCPでは、データ伝送の信頼性を確保するために送信データに対するACKの返送の監視をしています。

 一定時間、ACKの返事が届かない場合は、送信を再度繰り返します。そして、一定回数再送してもACKが返って来ない場合には、コードビットのRSTフラグを「1」にセットしたセグメントを送信して、コネクションを強制終了させます。


 ここでは、説明を簡略化するために繰返し3回失敗すると、強制切断していますが、監視時間と再送回数の決め方には、いろいろな方法があります。

TCPの制御(データの送受信)」 ← 前項 | 次項 → 「TCPの制御(スリーウェイハンドシェイク)





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.