@network Cisco・アライド実機で学ぶ > CCENT(ICND1)実機で学ぶ > コネクション型通信

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆コネクション型通信

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。


◆コネクション型通信

 ネットワークの接続には、コネクション型とコネクションレス型があります。TCP/IPを学習する上では、TCPはコネクション型、IPやUDPはコネクションレス型と覚えておけば十分です。

簡単に、コネクション型とコネクションレス型を説明すると以下のようになります。

●コネクション型 : 相手と接続に関するやり取りを行う方式
●コネクションレス型 : 送信元と宛先とでデータのやり取りに対する交渉を行わない方式

ここでは、コネクション型の接続について簡単に説明してゆきます。

コネクション型による接続は、コネクションを確立し、さまざまな制御情報をやり取りしながら通信を行う方式です。


コネクション型のメリットは、何でしょうか?

インターネットを想像してみて下さい。


 インターネットは、様々なネットワーク機器が存在し、メッシュ状のネットワークです。つまり、ネットワーク上には、複数の経路が存在します。

 送信元から、宛先まで1本道であれば、その道が切断されない限り、パケットは、送った順に確実に相手に届けることができます。

しかし、複数の経路がある場合は、どうでしょうか?

パケットごとに、いろんな経路をたどって宛先まで行くかもしれませんし、迷子になるかもしれません。また、様々な機器を経由することになりますから、それらの機器に破棄されてしまうかもしれません。

コネクション型の通信では、いろいろな機器が接続され、複数のネットワークを介しているにもかかわらず、通信を行う2台のコンピュータはあたかも1本の回線で結ばれたようになります。

 しかし、コネクション型の通信は信頼性が高くなる反面、さまざまな手続きを踏むので、オーバーヘッドがコネクションレス型と比べて大きくなってしまうという欠点もあります。

TCP・UDPヘッダの構造」 ← 前項 | 次項 → 「コネクションレス型通信





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.