@network Cisco・アライド実機で学ぶ > CCENT(ICND1)実機で学ぶ > BGPとは

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆BGPとは

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。


◆BGPとは

 BGPは、EGP(Exterior Gateway Protocol)です。異なる自律システム(AS)間でルーティング情報を交換することができるルーティングプロトコルです。BGPでは、AS内部のルーティングは、IGPに任せています。

 BGPは、クラスフルルーティングにしか対応していないBGPv1から歴史が始まります。現在、主に使われているBGPv4では、ルート集約、VLSMをサポートし広く普及しています。

BGPの通信や、セッションの確立には、信頼性のあるTCPが使われています。

BGPの特徴をいくつか挙げてみます。

●CIDR(クラスレスルーティング)
●VLSMのサポート
●ポップス数が無制限
●差分アップデート
●手動集約
●パス属性による経路制御
●ネイバーの検出と隣接関係の維持

 BGPは、AS間をルーティングするプロトコルだけあって、複雑な動きをします。経路制御にパス属性を使用します。その為、習得するのが難しいプロトコルです。

 Cisco認定技術者試験では、BGPは、CCNPの試験範囲ですが、CCENT、CCNAでもBGPのさわりの部分だけ、試験範囲に組み込まれることになりました。ここでは、そのさわりの部分だけ、BGPについて紹介してゆきます。詳しくは、当サイトの「CCNP実機で学ぶ」を参考にして見て下さい。

 ここまで、学習してきたRIP、IGRP、EIGRP、OSPFは、全て、IGPで、AS内でルーティングさせるためのルーティングプロトコルでした。BGPは、異なるAS間をルーティングさせることができます。

 ここで、ASについて、おさらいしておきます。ASとは、同一の管理下にあるネットワークの集合体で、1つのASは、複数のIGP、1つのEGPで構成されることもあります。


 BGPでは、AS内ルーティングを行う内部BGP(iBGP)とAS間のルーティングを行う外部BGP(eBGP)の2つの形態でルーティングを行います。

 AS内部では、iBGPが動作しており、同じAS内のBGPスピーカーとピア張り、外部AS間では、eBGPで、各ASのBGPスピーカーとピアを張ります。

 ここで、「BGPスピーカー」というBGP用語が出てきたので、捕捉で説明します。BGPスピーカーとは、BGPが動作しているルータを指す用語です。

 BGPは、ポリシーに基づいてルーティングを行う複雑なルーティングプロトコルです。BGPには、ローカルプリファレンスなど、様々なパス属性があり、複雑な条件でルートを決定します。BGPのポリシーに基づいたルーティングについては、CCNPの試験範囲です。CCENT、CCNAの取得を目指している方は、あまり気にされなくても大丈夫です。本格的に学習しなければならないのは、CCNPからです。

 また、BGPが受け取る経路情報は、膨大であるため、ルータには、非常に負荷がかかります。ルータの負荷を軽減させるためには、ルート集約を行ったり、ルートリフレクタなどを使って、BGPルータにかかる負荷を軽減させる必要があります。


実機演習に必要なルータについて

 EGPの実機演習となると、高性能のCiscoルータを用意しなければならないのでは?と考えるかもしれませんが、Cisco2500ルータなど、相当古いルータでもBGPをサポートしています。今後の学習においても、CCNPを目指すのであれば、それなりにルータの数をそろえなければなりません。

 管理人のオススメなルータは、Cisco1721ルータです。新機種が出たため、、中古のCisco1721ルータは、かなり値崩れしてきました。Cisco1721ルータは、中古で安く入手できるコストパフォーマンスに優れたルータです。

 Cisco2500シリーズルータもオススメです。必要なインタフェースがオンボードで付いているモデルが狙い目です。他の機種だと、モジュールを購入して追加しなければなりません。イーサネットに対応させるには、AUIコネクタに接続するトランシーバが必要ですが、モジュールを購入するよりも、安く入手することが可能です。

 管理人が、一番安く入手したCisco2500ルータは、1,200円です。もちろん、BGPの動作確認も行えます。オークションで数百円で落札された方もいらっしゃるようです。ルータの相場は、1年を通してかなり変動します。需要が少ない時期を狙うと安く落札できます。

 Cisco1600ルータも値崩れしてねらい目と言えばねらい目なのですが、動作スピードに若干ストレスを感じるかもしれません。Cisco2500ルータは、他の上位モデルのルータには、かないませんが、起動するまでの時間もわりと早いので、オススメであると言えます。

次の「BGP(近隣関係の形成)」では、BGPの近接関係の形成について簡単に説明します。

AS間のルーティング(その2)」 ← 前項 | 次項 → 「BGP(近隣関係の形成)





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.