@network Cisco・アライド実機で学ぶ > CCENT(ICND1)実機で学ぶ > エラーメッセージ

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆エラーメッセージ

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。


◆エラーメッセージ

 IOSコマンドを間違えて入力すると、コンソール画面上に、さまざまなメッセージを表示して、どんな間違いをしたのか教えてくれます。

ここで、紹介するのは、代表的なエラーメッセージです。

また、エラーメッセージではありませんが、重要なコマンドを打ち込んだ場合は、

[confirm]

と念押しで確認される時があります。

例えば、「startup-config」を消す時には

Router#erase startup-config

Erasing the nvram filesystem will remove all files! Continue? [confirm]

と確認が表示されます。

下の表は、代表的なエラーメッセージです。

エラーメッセージ 意味
% Unknown command or computer name, or unable to find computer address IOSが、コマンド、コンピュータ名と認識できない。
% Incomplete command. コマンドのオプション指定が不足している。
% Ambiguous command: 入力したコマンドを省略しすぎた場合に表示されます。

●% Unknown command or computer name, or unable to find computer address
Router#ip
Translating "ip"...domain server (255.255.255.255)
% Unknown command or computer name, or unable to find computer address

コマンドが正しくない場合、コンピュータ名(ホスト名)と解釈されます。

間違えたコマンド名でTelnetを試みようとします。

Router#telnet {ip_address}

 とコマンド入力したことと同じになります。つまり、「ip」という名前をDNSで名前解決してIPアドレスを取得しようと試みる動きをとるのです。

 コマンドを間違えると、DNSへの名前解決が行われることになり、しばらくの間、ルータとIOSの組み合わせによっては、待たされることになります。

「Ctrl」+「Shift」+「6」で中断するか

Router(config)#no ip domain-lookup

コマンドで、DNSへの名前解決を試みないように設定できます。

●% Incomplete command.
Router(config-if)#ip address
% Incomplete command.

入力したコマンドの後に続くオプションの指定が不足している場合に表示されます。

次のオプションの指定をヘルプ機能「?」を使って、次に指定すべき項目を調べて対応すれば、コマンドを完成させることができます。

Router(config-if)#ip address ?
  A.B.C.D  IP address

●% Ambiguous command:
Router#a
% Ambiguous command:  "a"

 入力したコマンドの文字数が少な過ぎて、コマンドが一意に定まらない場合に表示されます。ヘルプ機能「?」を使ってコマンドの完全のフルスペルを調べることで対応できます。

ip subnet-zero」 ← 前項 | 次項 → 「拡張編集機能





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.