@network Cisco・アライド実機で学ぶ > ネットワーク・サーバ・運用管理Tips > DHCPサーバの構築(Server2003)

スポンサードリンク

@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆DHCPサーバの構築(Server2003)
スポンサードリンク


 サーバは、手軽に設定できるという点から、「Windows Server 2003」がお勧めです。もちろん、「Windows 2000 Server」やLinuxで構築してもかまいません。

Microsoft Windows Server 2003 Microsoft Windows Server 2003

ちなみに、お金をかけたくない場合、

Microsoftのサイトから、Windows Server 2003 R2 の評価版を入手することができます。

Windows Server 2003 R2, Enterprise Edition 180 日限定評価版は、CD価格 :1,260 円
(ダウンロードは無償です)

評価版も正規版とほとんど同じです。ネットワークの学習に利用するのであれば、十分です。

ダウンロードは、下のリンク先から。

http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2003/evaluation/trial/default.mspx


●DHCPサーバを構築(Windows Server 2003)

コントロールパネルから、「Windowsコンポーネントの追加と削除」をクリックします。


「Widowsコンポーネントウィザード」が起動します。

「ネットワークサービス」を選択して、「詳細」ボタンをクリックします。


「動的ホスト構成プロトコル(DHCP)」を選択して「OK」ボタンをクリックします。


次へを押して、インストールを開始します。


インストールが完了すると「コンピュータの管理」でDHCPサーバの設定が行えるようになります。



●スコープの設定

 利用するネットワークの環境に合わせて、リースするIPアドレスを定義します。複数のセグメントに対してIPアドレスの払い出しを行うには、セグメントの数だけスコープを作成する必要があります。

例えば、下の表のように定義する手順を説明してゆきます。

設定パラメータ スコープ1 スコープ2 スコープ3
デフォルトゲートウェイ 192.168.1.254 192.168.2.254 192.168.3.254
プライマリーDNSサーバ 192.168.1.254 192.168.1.254 192.168.1.254
サブネットマスク 255.255.255.0 255.255.255.0 255.255.255.0
リース時間 7,200 7,200 7,200
リースの範囲 192.168.1.100
     〜
192.168.1.200
192.168.2.100
     〜
192.168.2.200
192.168.3.100
     〜
192.168.3.200

 プールを作成する際は、プールの範囲が各種サーバやルータなどのネットワークデバイスに割り振ったIPアドレスと重複しないように注意して下さい。プール範囲と重なるようであれば、リースの除外の設定を設定します。

 リースの除外は、ウィザードの中でも設定できますし、スコープの設定した後でも作成したスコープのアドレスプールで設定できます。ちなみに「除外の追加」は、下図のとおりです。


それでは、早速スコープを作成してゆきましょう。

「DHCP」を右クリックして新しいスコープを作成します。


後は、ウィザードに任せて設定してゆきましょう。


 DNSやルーター(デフォルトゲートウェイ)の設定もスコープごとに設定できますが、これらのオプションは、ほとんどの場合、どのスコープでも共通のオプションになります。

共通のパラメータは、「サーバオプション」設定すると楽です。

 「サーバオプション」は、共通オプションを割り当てます。 全てのスコープがここに設定したオプションを継承します。ただし、スコープで設定したオプションについては、スコープで設定したオプションが有効になります。


スコープの設定が全て完了したら、スコープの状態が「アクティブ」になっているか確認しておきましょう。


 DHCPのオプションは、非常に多く、DHCP機能を持ったルータやL3SWなどに設定するのは、少々面倒なのですが、「Windows Server 2003」を使えば、上のように簡単にGUIで設定できます。

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.