@network Cisco・アライド実機で学ぶ > ホームネットワーク構築 > 電波の死角へ中継可能するリピータ機能WDS

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆電波の死角へ中継可能するリピータ機能WDS
スポンサードリンク

◆電波の死角へ中継可能するリピータ機能WDS

 「WDS」とは、Wireless Distribution Systemの略で、アクセスポイント同士の通信を可能にする機能のことを言います。「WDS」には、「リピータ機能」と「LAN間接続機能」の2つの機能があります。メーカーによって説明が異なりますが、基本的には、アクセスポイント同士の通信を可能にして無線LANを拡張する機能のことを指します。

 ここでは、「WDS」の機能として「リピータ機能」と「LAN間接続機能」を紹介していますが、メーカによって「WDS」の実装に違いがあります。一般的にサポートされているのは、「リピータ機能」です。基本的に、この機能だけあれば、家中のネットワーク機能をサポートするのに十分です。

 WDSをサポートする機器と言うと、特殊な機器を連想されるかもしれませんが、多くの無線ブロードバンドルータが、この「WDS」機能をサポートしています。購入する前に、各メーカーのホームページで、この機能をサポートしているか調べて購入しましょう!

 また、最近の無線LANルータは、電波出力強化機能が付いている製品が多いので、余程の代豪邸でなければ、「WDS」の機能を利用しなくとも、家全体に電波が届くかもしれません。

 まずは、1台だけ、無線LANルータを購入してみて、電波の届きが、悪いようであれば、「外部アンテナ」を取り付けるか、何台か無線LANルータを購入して「WDS」で無線LANを構築するのがよいのか、家の事情を考えた上で検討してみて下さい。

外部アンテナ


●子機の配置について

 「WDS」でネットワークを構築するには、少なくても2台のアクセスポイントが必要になってきます。1台の親機と数台の子機とで構成するので、親機と子機が十分電波が届いて通信できる距離に配置しましょう。

 電波の強さは、目に見えてわからないので、電波の強さを測定するために、専用の測定器が必要になってきますが、非常に高価です。しかし、高価な専用の測定器を購入しなくとも、無線LANカードを挿したノートパソコンか、無線機能内蔵のノートパソコンがあれば、概ねの電波状態が測定できます。家の中で、ノートパソコンを持ち歩いて、家の中のどの位置がベストポジションなのかを把握しておきましょう。


●リピータ機能

 アクセスポイント間の無線通信機能をサポートする機能のことです。WDSをサポートする機器を中継機器(リピータ)として利用することで、通信距離を延長することができます。そうすることで、電波の届きにくい死角エリアへの中継が可能になります。

下の図は、「リピーター機能」を使って無線LANネットワークを構築した場合のイメージ図です。

リピータ機能

【設定の方法】

 そんなに難しくは、ありません。らくらく設定機能を持った製品であれば、ボタン一つで完了です。ない場合でも、「WDS」で接続したいアクセスポイントのMACアドレスを調べておいて、お互いのMACアドレスを登録するぐらいです。設定の仕方は、メーカにより若干の違いがあるので確認しておきましょう。親機はモードの切替で、子機だけ親機のMACアドレスを登録するものもあります。

例えば、

 リピータとして機能するアクセスポイントBのMACアドレスを、相手先のアクセスポイントAに登録し、アクセスポイントAのMACアドレスを、リピータとして機能するアクセスポイントBに登録します。


●LAN間接続機能

設置したアクセスポイントが全て相互に接続できるように、全てのアクセスポイントにWDS設定を行う方法です。

LAN間接続機能


【設定の方法】

 もしも3台、アクセスポイントを設置するのであれば、1台に2台のMACアドレスを登録します。製品(メーカー)によって親機、子機での設定が異なる場合があるので付属のマニュアルやメーカーのホームページで確認してみて下さい。

例えば、

 アクセスポイントA(親機)にはアクセスポイントB(子機)とアクセスポイントC(子機)のMACアドレスを設定し、アクセスポイントBおよび、アクセスポイントCには、親機であるアクセスポイントAのMACアドレスを設定します。

 上の図のように構築すれば、今まで、独自のセグメントで閉じていた有線LAN1、有線LAN2、有線LAN3を相互に無線で接続することができます。リビングなどの離れた部屋にある液晶ハイビジョンテレビや家庭用ゲーム機をつなげることができます。

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.