@network Cisco・アライド実機で学ぶ > ホームネットワーク構築 > 屋内の電気配線がLANケーブルに!

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆屋内の電気配線がLANケーブルに!
スポンサードリンク

◆屋内の電気配線がLANケーブルに!

 電気配線を通信回路として利用できる電力線搬送通信(PLC)が解禁されました。2006/12/9から家庭向けPLCアダプタが発売され、家庭でLANを構築するのに、新たなバリエーションが加わることになりました。

 PLCとは、Power Line Communicationsの略で、一見、私たちの今までの生活に馴染みがないように感じるかもしれませんが、実は、ずいぶん昔から、存在します。PLCは、家庭用のインターフォンなどで以前から使われていた技術なのです。

 なかなか、家庭用のLAN用に高速PLCが許可されなかったのは、電力線から漏れる電磁波の影響があって、短波ラジオ、アマチュア無線などの通信に悪影響を及ぼすことで見送られてきたからです。

 無線LANが低価格になり、電波がよく飛ぶ、電波出力強化機能が備わってきたからと言っても、無線LANは、鉄筋コンクリート壁に囲まれた建物では、電波が遮断され通信しにくいのは事実です。そういった意味でも、このPLCは、かなり魅力的であると言えると思います。


下の図は、PLCを使ったネットワークの構成例です。

導入も容易で、コンセントに挿すだけです。

PLCを使ったネットワークの構成例

 無線LANを「WDS」で構築するときと同様に、親機と子機が必要です。登録できる子機の数は、親機の性能で決まります。8台まで子機を登録できるものが、発売されていますので、自宅でネットワークを構築するには十分だと言えるでしょう!

 設定や導入が難しいのでは?と思われるかもしれませんが、最近の家庭用のネットワーク機器は、誰でも設定できるようになっていてとても親切な設計になっています。例えば、PanasonicのBL-PA100KTでは、「SETUP」ボタンが付いており、ボタンを押すだけで楽々、登録できるようになっています。

 PLCの最大のメリットは、屋内の電気配線をLANに利用できることです。どんな住宅でも、各部屋に電源があると思います。その屋内に張り巡らされた配線を活用できるのは、かなり魅力的です!

電波の遮断されやすいマンションやコンクリート住宅にオススメです。

 気になる値段ですが、無線LAN機器より若干値段が高いですが、手頃な値段で導入しやすい値段になっています。無線だと電波が届きにくく、家庭内LANをあきらめていた方にとって心強い味方になってくれると思いますよ!

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.