@network Cisco・アライド実機で学ぶ > YAHAMAルータ実機で学ぶ > マルチホーミングを設定するコマンド(その1)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆マルチホーミングを設定するコマンド(その1)

※動作確認は、YAMAHA RTX1100ルータで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、ファームウェアのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。



◆マルチホーミングを設定するコマンド(その1)

ここでは、マルチホーミングを設定するコマンドを紹介してゆきます。


◆IPの静的経路情報の設定

# ip route network gateway gateway1 [parameter] [gateway gateway2 [parameter]...]

【設定値及び初期値】

●network
設定値:
設定値 説明
default デフォルト経路
IPアドレス 送り先のホスト/マスクビット数(省略時は32)

●gateway1, gateway2
設定値:
 ・IP アドレス
  xxx.xxx.xxx.xxx (xxx は十進数 )

 ・pp peer_num [dlci=dlci]: PP インタフェースへの経路。"dlci=dlci" が指定された場合は、フレームリレー
  のDLCIへの経路
  ・peer_num
   ・相手先情報番号
   ・anonymous
 ・pp anonymous name=name
設定値 説明
name PAP/CHAP による名前
 ・dhcp interface
設定値 説明
interface DHCP にて与えられるデフォルトゲートウェイを使う場合の、DHCP クライアントとして動作するLANインタフェース名、WANインタフェース名、ブリッジインタフェース名(送り先が Default の時のみ有効)
 ・tunnel tunnel_num: トンネルインタフェースへの経路
 ・LOOPBACK インタフェース名、NULL インタフェース名

●parameter: 以下のパラメータを空白で区切り複数設定可能
設定値:
設定値 説明
filter number [number..] フィルタ型経路の指定
・number
 ・フィルタの番号 (1..21474836) (空白で区切り複数設定可能)
metric metric メトリックの指定
・metric
 ・メトリック値 (1..15)
 ・省略時は 1
hide  出力インタフェースが LAN インタフェース、またはWANインタフェース、PP インタフェース、TUNNELインタフェースの場合のみ有効なオプションで、相手先が接続されている場合だけ経路が有効になることを意味する。
weight weight 異なる経路間の比率を表す値
・weight
 ・経路への重み(0..2147483647)
 ・省略時は1
keepalive gateway1に到達性のあるときにだけ有効となる。

【説明】

IPの静的経路を設定する。

 gatewayのパラメータとしてフィルタ型経路を指定した場合には、記述されている順にフィルタが適用されていき、適合したゲートウェイが選択される。

 適合するゲートウェイが存在しない場合や、フィルタ型経路が指定されているゲートウェイが1つも記述されていない場合には、フィルタ型経路が指定されていないゲートウェイが選択される。

 フィルタ型経路が指定されていないゲートウェイも存在しない場合には、その経路は存在しないものとして処理が継続される。

 フィルタ型経路が指定されていないゲートウェイが複数記述された場合の経路の選択は、それらの経路を使用する時点でラウンドロビンにより決定される。

 filterが指定されていないゲートウェイが複数記述されている場合で、それらの経路を使うべき時にどちらを使うかは、始点/終点のIPアドレス、プロトコル、始点/終点ポート番号により、識別されるストリームにより決定される。同じストリームのパケットは必ず同じゲートウェイに送出される。

 weightで値(例えば回線速度の比率)が指定されている場合には、その値の他のゲートウェイのweight値に対する比率に比例して、その経路に送出されるストリームの比率が上がる。

 いずれの場合でも、hideキーワードが指定されているゲートウェイは、回線が接続している場合のみ有効で、回線が接続していない場合には評価されない。

 なお LOOPBACK インタフェース、NULLインタフェースは常にアップ状態なので、hideオプションは指定はできるが意味はない。

 複数のゲートウェイを設定した時に、ロードバランスをせずに特定のゲートウェイだけを優先的に使用するには、weightオプションで、0を設定する。

マルチホーミングとは」 ← 前項 | 次項 → 「マルチホーミングを設定するコマンド(その2)





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
ICND2実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
YAMAHAルータ実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.