@network Cisco・アライド実機で学ぶ > YAHAMAルータ実機で学ぶ > フィルタが動作する場所

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆フィルタが動作する場所

※動作確認は、YAMAHA RTX1000ルータで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、ファームウェアのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。



◆フィルタが動作する場所

ここでは、少し本格的に静的フィルタリングを設定してゆきます。

ネットワークの構成は、下図の通りです。


 パケットフィルタリングを定義するときに、注意しなければならないのは、NAT、IPマスカレード、パケットフィルタリング、ルーティングなどの処理が、どこで行われるかです。

 パケットフィルタリング処理が行われる場所によって定義するポリシーが変わってくるからです。Yamaha RTXルータの場合、パケットフィルタリングが行われる場所は、下図の通りとなります。

※Revによって、違うようなので注意が必要です。

 パケットフィルタリング処理が行われる場所については、ベンダーや機種によって異なります。例えばCisco機器については、上図とは、異なる順でパケットフィルタリング処理が行われます。


◆PP側のフィルタを作成する

 インターネット側(pp側)にフィルタリングを適用するポリシーを作成する場合、下の順で処理が行われることを考慮して、ポリシーを定義しなければなりません。それは、フィルがリング処理が行われる場所によって、ポリシーの定義が変わってくるからです。

●内側(LAN側)から外側(インターネット側)への向きの場合

 (LAN側)-----> (IPフィルタ) -----> (NATディスクリプタ) -----> (インターネット側)

内側から外側の向きへは、先にIPフィルタリング処理が行われてから、NATディスクリプタ処理が実行されます。

●インターネット側(LAN側)から内側(LAN側)への向きの場合

 (インターネット側)-----> (NATディスクリプタ) -----> (IPフィルタ) -----> (LAN側)

外側から内側の向きへは、先にNATディスクリプタ処理が行われてから、IPフィルタリング処理が実行されます。

静的フィルタリングの設定(その4)」 ← 前項 | 次項 → 「フィルタリングで遮断すべきポート番号(その1)





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
ICND2実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
YAMAHAルータ実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.