@network Cisco・アライド実機で学ぶ > YAHAMAルータ実機で学ぶ > QoS・優先制御の仕組・PQ

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆QoS・優先制御の仕組・PQ

※動作確認は、YAMAHA RTX1100ルータで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、ファームウェアのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。



◆QoS・優先制御の仕組・PQ

優先制御の基本的な仕組みは、優先度の高いパケットから先に出力するという単純な仕組みです。

 入力インタフェースに到着したパケットは、優先度に応じたキューに振り分けられ、各々のキューから優先度の高いものから順に出力してゆきます。

このような単純な仕組みで優先制御を行い配送を行う方式にPQがあります。


◆PQ(Priority Queuing)

PQは、優先制御の方式では最も単純な方式で、多くのルータが標準として備えています。

 PQで一般的に用意される待ちキューは、「最優先」、「優先」「その他」の3つで、このキューにパケットを振り分けてゆきます。

 パケットを出力インタフェースから送り出すときは、優先度の高いキューから探してゆき、優先度の高いパケットから順に送り出すようになっています。そうすることで、優先度の高いパケットが確実に、先に送り出されるようになります。


しかし、欠点があります。

優先度の低いパケットが、なかなか送り出されないという問題です。

優先度の高いパケットがキューからなくならない限り、優先度の低いパケットが送り出されることはありません。

 優先度の低いパケットが長時間、送り出されないと、たとえTCPの通信であってもコネクションが切断されてしまいます。

少量でも優先度の低いパケットが送り出されれば、コネクションが切断する可能性は低くなります。

 そこで、優先度の低いパケット一定の割合で送り出されるように工夫した優先制御機能を備えた重み付けキュー(CQ)と呼ばれる技術が開発されています。

次の「QoS・優先制御の仕組・CQ」では、CQについて説明してゆきます。

QoSとは(その2)」 ← 前項 | 次項 → 「QoS・優先制御の仕組・CQ





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
ICND2実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
YAMAHAルータ実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.