@network Cisco・アライド実機で学ぶ > YAHAMAルータ実機で学ぶ > スタティックルート(その1)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆スタティックルート(その1)

※動作確認は、YAMAHA RTX1000ルータで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、ファームウェアのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。



◆スタティックルート(その1)

ルーティングテーブルの作成方法は、2つあります。

●スタティックルーティング(静的ルーティング)
●ダイナミックルーティング(動的ルーティング)

この2つのアプローチがあります。

ここでは、スタティックルートの設定を行ってゆきます。

 スタティックルーティングとは、管理者がルータにネットワークのルート情報を手動で教えてあげる方法です。この方法は、宛先へのルートを固定する場合や、宛先へのルートが1つに限定される時に使います。

 スタティックルートの設定は、ルータにネットワーク上に存在する全ての宛先ネットワークの情報を教えてあげなくては、なりません。宛先ネットワーク情報が不足する場合、教えてあげていない、宛先へのルーティングが行えなくなります。

 ルータに教えてたルート情報が、ルーティングテーブルに追加されます。ルータは、パケットを受信すると、このルーティングテーブルを参照して、隣のルータ(送信インタフェース)にパケットを配送します。ルーティングテーブルに、宛先ネットワークへのエントリーが見つからない場合、配達不能になるのでパケットを破棄します。

 スタティックルーティングの欠点は、ネットワークの動的な変化に対応できないことです。ある経路に障害が発生した場合、迂回することができません。つまり、ネットワークの変更がある度に管理者がルータを設定し直さなければなりません。

 長所は、ダイナミックルーティングのようにルーティング情報の交換が行われないので、ネットワークの帯域幅を圧迫しないので帯域幅の節約になることです。

 また、ルート情報が、ルーティングアップデートとしてネットワーク上を流れることがないため、セキュリティ面に優れます。

ネットワーク構成は、下図の通りです。


●RAの設定

RAルータにIPアドレスの振り当てなどの基本設定を行います。

# console prompt RA
RA# ip lan1 address 192.168.1.1/24
RA# ip lan2 address 192.168.2.1/24

●RBの設定

RBルータにIPアドレスの振り当てなどの基本設定を行います。

# console prompt RB
RB# ip lan1 address 192.168.3.1/24
RB# ip lan2 address 192.168.2.2/24


◆ルーティングテーブルの表示

IPのルーティングテーブル(経路情報テーブル)を表示するには、「show ip route」を使用します。

# show ip route <destination>

[設定値及び初期値]

●destination : 相手先 IP アドレス
省略した場合は、経路情報テーブル全体を表示します。

# show ip route detail

●detail :  現在有効なIPv4 経路に加えて、ダイナミックルーティングプロトコルによって得られた経路により隠されているスタティックルートも表示します。

# show ip route summary

●summary : IPv4 の経路数をプロトコル毎に合計して表示します。

RAのルーティングテーブルを表示します。

●「show ip route」コマンドの出力
RA# show ip route
宛先ネットワーク    ゲートウェイ     インタフェース  種別  付加情報
192.168.1.0/24      192.168.1.1            LAN1  implicit
192.168.2.0/24      192.168.2.1            LAN2  implicit

 ルーティングテーブルの内容から分かるように「192.168.3.0/24」の経路情報がありません。ということは、RAルータは、宛先が「192.168.3.0/24」のパケットを配送できないことを意味します。

RBのルーティングテーブルを表示します。

●「show ip route」コマンドの出力
RB# show ip route
宛先ネットワーク    ゲートウェイ     インタフェース  種別  付加情報
192.168.2.0/24      192.168.2.2            LAN2  implicit
192.168.3.0/24      192.168.3.1            LAN1  implicit

 ルーティングテーブルの内容から分かるように「192.168.1.0/24」の経路情報がありません。ということは、RBルータは、宛先が「192.168.1.0/24」のパケットを配送できないことを意味します。

この続きは、次の「スタティックルート(その2)」で説明してゆきます。

次項 → 「スタティックルート(その2)





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
ICND2実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
YAMAHAルータ実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.