@network Cisco・アライド実機で学ぶ > YAHAMAルータ実機で学ぶ > 外部経路による経路導入RIP→OSPF(その3)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆外部経路による経路導入RIP→OSPF(その3)

※動作確認は、YAMAHA RTX1000ルータで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、ファームウェアのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。



◆外部経路による経路導入RIP→OSPF(その3)

外部経路による経路導入RIP→OSPF(その2)」の続きです。

ネットワーク構成は、下図の通りです。


ここでは、下図のようにRIP経路をOSPFネットワークに導入(注入)する設定を行ってゆきます。



◆外部プロトコルによる経路導入

 OSPFの経路テーブルに外部プロトコルによる経路を導入するには、以下のコマンドを使用します。導入された経路は、外部経路として他のOSPFルータに広告されます。

ospf import from <protocol>

[設定値及び初期値]

●protocol : OSPF の経路テーブルに導入する外部プロトコル
[設定値] :
設定値 説明
static 静的経路
rip RIP
bgp BGP

RBルータにて、経路導入の設定を行います。

RB# ospf import from rip
RB# ospf configure refresh

RCルータのルーティングテーブルを確認します。

●RCのルーティングテーブル(YAMAHA)
RC# show ip route
宛先ネットワーク    ゲートウェイ     インタフェース  種別  付加情報
10.0.0.0/8          192.168.2.1            LAN2      OSPF  E2 cost=1 metric=1
20.0.0.0/8          192.168.2.1            LAN2      OSPF  E2 cost=1 metric=1
30.0.0.0/8          192.168.2.1            LAN2      OSPF  E2 cost=1 metric=1
192.168.2.0/24      192.168.2.2            LAN2  implicit
192.168.3.0/24      192.168.3.1            LAN1  implicit

 RBでOSPFの外部経路導入の設定を行ったので、「10.0.0.0/8」、「20.0.0.0/8」、「20.0.0.0/8」の経路情報がOSPFネットワークに所属するRCルータに伝搬されていることが確認できます。

しかし、「192.168.1.0/24」の経路情報がありません。

RBルータのルーティングテーブルを確認します。

●RBのルーティングテーブル(YAMAHA)
RB# show ip route
宛先ネットワーク    ゲートウェイ     インタフェース  種別  付加情報
10.0.0.0/8          192.168.1.1            LAN1       RIP  metric=1
20.0.0.0/8          192.168.1.1            LAN1       RIP  metric=1
30.0.0.0/8          192.168.1.1            LAN1       RIP  metric=1
192.168.1.0/24      192.168.1.2            LAN1  implicit
192.168.2.0/24      192.168.2.1            LAN2  implicit
192.168.3.0/24      192.168.2.2            LAN2      OSPF     cost=2

 RBルータがRIPで学習している経路は、「10.0.0.0/8」、「20.0.0.0/8」、「20.0.0.0/8」の経路です。「192.168.1.0/24」の経路情報は、ありません。

 RIPで学習した経路が導入(注入)される訳ですから、RCのルーティングテーブルに「192.168.1.0/24」がないのは、当然なのです。

RBルータに以下のコマンドを追加します。

RB# ip lan1 ospf area backbone
RB# ospf configure refresh

再度、RCルータのルーティングテーブルを確認します。

●RCのルーティングテーブル(YAMAHA)
RC# show ip route
宛先ネットワーク    ゲートウェイ     インタフェース  種別  付加情報
10.0.0.0/8          192.168.2.1            LAN2      OSPF  E2 cost=2 metric=1
20.0.0.0/8          192.168.2.1            LAN2      OSPF  E2 cost=2 metric=1
30.0.0.0/8          192.168.2.1            LAN2      OSPF  E2 cost=2 metric=1
192.168.1.0/24      192.168.2.1            LAN2      OSPF     cost=2
192.168.2.0/24      192.168.2.2            LAN2  implicit
192.168.3.0/24      192.168.3.1            LAN1  implicit

「192.168.1.0/24」の経路情報が追加されています。

 次の「外部経路による経路導入RIP←OSPF(その4)」では、RIP←OSPFの外部経路導入について説明してゆきます。

外部経路による経路導入RIP→OSPF(その2)」 ← 前項 | 次項 → 「外部経路による経路導入RIP←OSPF(その4)





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
ICND2実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
YAMAHAルータ実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.