@network Cisco・アライド実機で学ぶ > YAHAMAルータ実機で学ぶ > 接続性の確認(ping,traceroute)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆接続性の確認(ping,traceroute)

※動作確認は、YAMAHA RTX1000ルータで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、ファームウェアのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。



◆接続性の確認(ping,traceroute)

ネットワーク上の機器との接続性を確認するには、pingコマンドやtracerouteコマンドを使用します。

まず、LAN1にIPアドレスを振ります。

# ip lan1 address 192.168.1.1/24

# ip lan1 address 192.168.1.1/24

DNSサーバのIPアドレスを設定します。

 ここでは、DNSサーバのIPアドレスを「192.168.1.254」としていますが、このIPアドレスは、利用できるDNSサーバのIPアドレスを指定して下さい。

# dns server 192.168.1.254

# dns server 192.168.1.254

デフォルトゲートウェイを設定します。

# ip route default gateway 192.168.1.254


◆Pingコマンド

 pingは、ネットワーク疎通を確認するためのコマンドです。疎通を確認したいホストに対して、IPパケットを発行して、そのパケットが相手に届いて返答が戻ってくるかどうかを確認するためのコマンドです。

それでは、pingコマンドを実行してみます。

# ping 192.168.1.254

# ping 192.168.1.254
192.168.1.254から受信: シーケンス番号=0 ttl=63 時間=2.023ミリ秒
192.168.1.254から受信: シーケンス番号=1 ttl=63 時間=0.924ミリ秒
192.168.1.254から受信: シーケンス番号=2 ttl=63 時間=0.922ミリ秒
192.168.1.254から受信: シーケンス番号=3 ttl=63 時間=0.877ミリ秒
192.168.1.254から受信: シーケンス番号=4 ttl=63 時間=0.832ミリ秒
192.168.1.254から受信: シーケンス番号=5 ttl=63 時間=0.886ミリ秒
192.168.1.254から受信: シーケンス番号=6 ttl=63 時間=1.033ミリ秒
192.168.1.254から受信: シーケンス番号=7 ttl=63 時間=0.826ミリ秒
192.168.1.254から受信: シーケンス番号=8 ttl=63 時間=0.897ミリ秒
192.168.1.254から受信: シーケンス番号=9 ttl=63 時間=0.882ミリ秒
192.168.1.254から受信: シーケンス番号=10 ttl=63 時間=0.936ミリ秒
192.168.1.254から受信: シーケンス番号=11 ttl=63 時間=0.883ミリ秒
192.168.1.254から受信: シーケンス番号=12 ttl=63 時間=1.034ミリ秒
13個のパケットを送信し、13個のパケットを受信しました

 pingが止まりません。コマンドプロンプトやCiscoルータなどではデフォルトのpingの試行回数は決まっていますが、YAMAHAルータの場合、永遠に「icmp echo」要求を送り続けます。

Pingを止めるには、「Ctrl」+「c」キーを押します。


◆tracerouteコマンド

 tracerouteコマンドは、このコマンドを実行するホストから、指定するホストまでのネットワーク経路をリストアップ表示するコマンドです。

それでは、taracerouteコマンドを実行してみます。

# traceroute www.yahoo.co.jp

# traceroute 192.168.1.254
 1  * * *
 2  *
# traceroute www.yahoo.co.jp
 1  xxxxx (192.168.1.254)     1 ms    1 ms    2 ms
 2  xxx.xxx.xxx.xxx.???.ne.jp (xxx.xxx.xxx.xxx)
     6 ms    6 ms    6 ms
 3  xxx.xxx.xxx.xxx.xxx.ne.jp (xxx.xxx.xxx.xxx) 
     5 ms xxx.xxx.xxx.xxx.???.ne.jp (xxx.xxx.xxx.xxx)
     6 ms xxx.xxx.xxx.xxx.???.ne.jp (xxx.xxx.xxx.xxx)  6 ms
 4  ???-???-???-??.???.??.?? (xxx.xxx.xxx.xxx)
     5 ms ???-???-???.???.???.??? (xxx.xxx.xxx.xxx)
     4 ms    5 ms
 5  ???-???-???-?.???.??.?? (xxx.xxx.xxx.xxx) 
     8 ms ??-???-??-?.???.??.?? (xxx.xxx.xxx.xxx3)    15 ms   5 ms
 6  xxx.xxx.xxx.xxx (xxx.xxx.xxx.xxx) 17 ms   17 ms   18 ms
 7  124.83.228.201 (124.83.228.201)     17 ms   18 ms   17 ms
 8  124.83.128.30 (124.83.128.30)       20 ms   19 ms   18 ms
 9  124.83.228.222 (124.83.228.222)     18 ms   19 ms   19 ms
10  124.83.128.202 (124.83.128.202)     19 ms   20 ms   18 ms
11  * * 124.83.128.202 (124.83.128.202) 19 ms
12  * * *
13  * * *
14  * * *
15  * 124.83.128.202 (124.83.128.202)   20 ms *
16  * * *
17  * * *
18  * 124.83.128.202 (124.83.128.202)   19 ms *
19  * * *
20  * * *
21  * * *
22  * 124.83.128.202 (124.83.128.202)   20 ms *
23  * * *
24  * * *
25  * * 124.83.128.202 (124.83.128.202) 20 ms
26  * * *
27  * * *
28  * * *
29  * * *
30  * * 124.83.128.202 (124.83.128.202) 19 ms
#

インタフェースの状態を確認する」 ← 前項 | 次項 → 「タイムゾーン・日付・時刻の設定





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
ICND2実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
YAMAHAルータ実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.