@network Cisco・アライド実機で学ぶ > YAHAMAルータ実機で学ぶ > コンソールの使用方法

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆コンソールの使用方法

※動作確認は、YAMAHA RTX1000ルータで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、ファームウェアのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。



◆コンソールの使用方法

本体に電源を入れるとコンソールにメッセージが表示されます。

●ルータ起動時のメッセージ
RTX1000 BootROM Ver. 1.04

RTX1000 Rev.7.01.34 (Fri Mar  5 14:07:00 2004)
  Copyright (c) 1994-2004 Yamaha Corporation.
  Copyright (c) 1991-1997 Regents of the University of California.
  Copyright (c) 1995-1996 Jean-loup Gailly and Mark Adler.
  Copyright (c) 1998-2000 Tokyo Institute of Technology.
  Copyright (c) 2000 Japan Advanced Institute of Science and Technology, HOKURIKU.
  Copyright (c) 2002 RSA Security Inc. All rights reserved.
00:a0:de:27:20:bb, 00:a0:de:27:20:bc, 00:a0:de:27:20:bd,
Memory 16Mbytes, 3LAN, 1BRI

システムが起動するとログイン待ちの状態となります。

工場出荷状態では、パスワードは設定されていないので、そのまま、「Enter」キーを押せば、ログインできます。

●ログイン時のメッセージ
Password:

ログインするとプロンプトが、「>」に変わります。

 YAMAHAルータでは、アクセスレベルに応じてプロンプトが異なります。プロンプトを見て、アクセスレベルが一般ユーザであるか、管理者ユーザであるかが判断できるようになっています。

●一般ユーザのプロンプト
>

アクセルレベルを管理ユーザにするには「administrator」コマンドを実行します。

ログインするとプロンプトが、「#」に変わります。

>administrator

●管理ユーザのプロンプト
> administrator
Password:
#


◆画面表示

 位置画面に収まらない情報を表示する場合は、「console lines」コマンドで設定された行数文を表示し、「--- つづく ---」を表示してストップさせます。

--- つづく ---

スクロールさせるには、「Space」キーを押し、次の1行を表示するには、「Enter」キーを押ます。

また、最後まで表示させずに終了させるには、「q」キーを押します。

 位置画面に収まらない場合、表示する情報をストップさせたくなければ、「console lines infinity」コマンドを実行します。

>console lines infinity


◆タイムアウトの変更

 セキュリティの観点から、コンソールにキー入力が一定時間ない場合、自動的にログアウトするようになっています。デフォルトでは、300秒でログアウトするようになっています。

ログアウトする時間を変更するには、「login timer」コマンドを使用します。

> login timer ?
    入力形式: login timer clear
               login timer 秒数
               秒数 = 30-21474836
      説明: ログインタイマを設定します
デフォルト値: 300

コンソール接続」 ← 前項 | 次項 → 「ルータの初期化





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
ICND2実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
YAMAHAルータ実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.