@network Cisco・アライド実機で学ぶ > YAHAMAルータ実機で学ぶ > BGPとOSPFの組み合わせ(その1)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆BGPとOSPFの組み合わせ(その1)

※動作確認は、YAMAHA RTX1000ルータで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、ファームウェアのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。



◆BGPとOSPFの組み合わせ(その1)

ここでは、下図のようなネットワークをBGP、OSPFで構築してゆきます。



◆R1ルータの設定

基本設定を行います。

# console prompt R1
R1# ip lan1 address 192.168.1.2/24
R1# ip lan2 address 192.168.2.1/24

OSPFを起動します。

R1# ospf use on

OSPFの設定を行います。

R1# ospf area backbone
R1# ip lan1 ospf area backbone
R1# ip lan2 ospf area backbone


◆R2ルータの設定

基本設定を行います。

# console prompt R2
R2# ip lan1 address 192.168.1.1/24
R2# ip lan2 address 172.16.1.1/24

OSPFを起動します。

R2# ospf use on

LAN1、LAN2をバックボーンエリアとして定義します。

R2# ospf area backbone
R2# ip lan1 ospf area backbone
R2# ip lan2 ospf area backbone

BGPを起動します。

R2# bgp use on

AS番号を定義します。

R2# bgp autonomous-system 64001

BGPコネクションを接続する近隣ルータを定義します。

R2# bgp neighbor 1 8000 172.16.1.2

 OSPFで受信した192.168.0.0/16の範囲の経路を集約して広告し、それ以外の経路は、そのまま広告するように定義します。

R2# bgp aggregate filter 1 ospf include 192.168.0.0/16
R2# bgp aggregate 192.168.0.0/16 filter 1
R2# bgp import filter 1 include 192.168.0.0/16

192.168.0.0/16の範囲の経路は集約して広告するので、範囲に含まれる経路を拒否するように定義します。

R2# bgp import filter 2 reject include 192.168.0.0/16
R2# bgp import filter 3 include all

集約経路をBGPに導入します。

R2# bgp import 8000 aggregate filter 1

集約経路以外をBGPに導入します。

R2# bgp import 8000 ospf filter 2 3

BGPで受信した経路に対してフィルタを適用します。

R2# bgp export filter 1 include all
R2# bgp export 8000 filter 1

OSPFの経路テーブルにBGPの経路を導入します。

R2# ospf import from bgp

OSPFの設定を有効にします。

R2# ospf configure refresh

BGPの設定を有効にします。

R2# bgp configure refresh


◆R3ルータの設定

ここでは、R3には、Ciscoルータを使用することとします。

●R3のコンフィグ
!
hostname R3
!
interface Ethernet0
 ip address 10.0.0.1 255.255.255.0
 half-duplex
!
interface FastEthernet0
 ip address 172.16.1.2 255.255.255.0
 speed auto
!
router bgp 8000
 no synchronization
 bgp log-neighbor-changes
 network 10.0.0.0 mask 255.255.255.0
 neighbor 172.16.1.1 remote-as 64001
 no auto-summary
!

動作確認は、次の「BGPとOSPFの組み合わせ(その2)」で行います。

BGPとRIPの組み合わせ(その3)」 ← 前項 | 次項 → 「BGPとOSPFの組み合わせ(その2)





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
ICND2実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
YAMAHAルータ実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.