@network Cisco・アライド実機で学ぶ > YAHAMAルータ実機で学ぶ > BGPを設定するコマンド(その2)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆BGPを設定するコマンド(その2)

※動作確認は、YAMAHA RTX1000ルータで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、ファームウェアのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。



◆BGPを設定するコマンド(その2)

ここでは、BGPを設定するコマンドを紹介してゆきます。


◆BGP に導入する経路に適用するフィルタの設定

# bgp import filter filter_num [reject] kind ip_address/mask ... [parameter ...]

【設定値及び初期値】

●filter_num
設定値: フィルタ番号(1..2147483647)

●kind
設定値:
設定値 説明
include 指定したネットワークに含まれる経路 (ネットワークアドレス自身を含む)
refines 指定したネットワークに含まれる経路 (ネットワークアドレス自身を含まない)
equal 指定したネットワークに一致する経路

●ip_address/mask
設定値:
設定値 説明
ip_address/mask IPアドレス/ネットマスク
all すべてのネットワーク

●parameter: TYPE=VALUE の組
設定値:
TYPE VALUE 説明
metric 1..16777215 MED(Multi-Exit Discriminator)で通知するメトリック値(指定しないときはMEDを送信しない)
preference 0..255 同じ経路を複数の相手から受信したときに、一方を選択するための優先度
初期値:
 ・metric=1
 ・preference=100

【説明】
 BGPに導入する経路に適用するフィルタを定義する。このコマンドで定義したフィルタは、「bgp import」コマンドのfilter節で指定されて、はじめて効果を持つ。

 ip_address/maskでは、ネットワークアドレスを設定する。複数の設定があるときには、プレフィックスが最も長く一致する設定が採用される。kindの前にrejectキーワードを置くと、その経路が拒否される。


◆BGPに導入する経路に対するフィルタの適用

# bgp import remote_as protocol [from_as] filter filter_num ...

【設定値及び初期値】

●remote_as
設定値: 相手の AS 番号 (1..65535)

●protocol
設定値:
設定値 説明
static 静的経路
rip RIP
ospf OSPF
bgp BGP
aggregate 集約経路

●from_as
設定値: 導入する経路を受信した AS(protocolでbgpを指定したときのみ)(1..65535)

●filter_num
設定値: フィルタ番号 (1..2147483647)

【説明】
 RIPやOSPFのようなBGP以外の経路を導入するときに適用するフィルタを設定する。フィルタに該当しない経路は導入されない。

 フィルタの番号には、「bgp import filter」コマンドで定義した番号を指定する。BGPの経路を導入するときには、その経路を受信したAS番号を指定する必要がある。

 このコマンドが設定されていないときには、外部経路は導入されない。フィルタ番号は、100個まで設定できる。


◆BGPで受信する経路に適用するフィルタの設定

# bgp export filter filter_num [reject] kind ip_address/mask ... [parameter]

【設定値及び初期値】

●filter_num
設定値: フィルタ番号 (1..2147483647)

●kind
設定値:
設定値 説明
include 指定したネットワークに含まれる経路 (ネットワークアドレス自身を含む)
refines 指定したネットワークに含まれる経路 (ネットワークアドレス自身を含まない)
equal 指定したネットワークに一致する経路

●ip_address/mask
設定値:
設定値 説明
ip_address/mask IPアドレス/ネットマスク
all すべてのネットワーク

●parameter: TYPE=VALUEの組
設定値:
TYPE VALUE 説明
metric 1..16777215 MED(Multi-Exit Discriminator)で通知するメトリック値(指定しないときはMEDを送信しない)
preference 0..255 同じ経路を複数の相手から受信したときに、一方を選択するための優先度
初期値:
 ・metric=1
 ・preference=100

【説明】
 BGPで受信する経路に適用するフィルタを定義する。このコマンドで定義したフィルタは、「bgp import」コマンドのfilter節で指定されてはじめて効果を持つ。

 ip_address/maskでは、ネットワークアドレスを設定する。複数の設定があるときには、プレフィックスが最も長く一致する設定が採用される。

kindの前にrejectキーワードを置くと、その経路が拒否される。

BGPを設定するコマンド(その1)」 ← 前項 | 次項 → 「BGPを設定するコマンド(その3)





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
ICND2実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
YAMAHAルータ実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.