@network Cisco・アライド実機で学ぶ > ネットワーク・サーバ・運用管理Tips > 自動ログオン(Windows XP)

スポンサードリンク

@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆自動ログオン(Windows XP)
スポンサードリンク


ここでは、Windows XP の自動ログオンについて紹介してゆきます。

 Windows XP を起動すると、ログオン画面が表示されるようになっています。これは、第三者にコンピュータが利用されないように、ユーザー名とパスワードを指定してログオン処理を行うためです。

 ログオン処理は、セキュリティを高める大切な仕組みですが、特に大切なデータが入っているわけでも、自分しか利用しないコンピュータないのに、わざわざログオンするのは、面倒ということもあります。

 自動ログオンを利用するとわざわざ、ユーザー名とパスワードを指定してログオン作業を行わなくとも、あらかじめ設定しておいた特定のユーザーでログオン処理を省略してログオンすることができます。

自動ログオンの設定を行うには、以下の方法があります。

●レジストリを操作する方法
●「ユーザー管理ツール」を使用する方法

 レジストリを操作する方法は、操作ミスをすると取り返しのつかないことになります。リスクを理解した上で、設定してゆくことになります。

 ここでは、簡単に設定できる「ユーザー管理ツール」を使用する方法について紹介してゆきます。

●control userpasswords2 コマンド

「スタート」→「ファイル名を指定して実行」をクリックします。
「名前」 ボックスに control userpasswords2 と入力し、[OK] をクリックします。


「ユーザーアカウント」が表示されます。
「ユーザーがこのコンピュータを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックボックスを外します。


このコンピュータのユーザーアカウントが操作できなくなります。
「OK」ボタンをクリックします。


すると自動ログオンするユーザを指定する画面が表示されます。


自動ログオンするユーザー名とパスワードを指定します。

以上の設定で、システムが起動する度に、指定したユーザーで毎回、自動ログオンできるようになります。

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.