@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > P2Pフィルタリング

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆P2Pフィルタリング

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆P2Pフィルタリング

 P2Pネットワークには、有害なコンテンツが溢れています。ウィルス感染による情報漏洩など脅威もあります。また、通信の帯域やルータの資源を圧迫し、業務効率を低下させる恐れがあります。


そもそも、P2Pによる通信は、業務とは無関係であるため、P2Pのアクセスを制限している組織も増えています。

 そういった背景もあり、P2P通信をフィルタリングすることができるルータも登場してきています。P2P通信をフィルタリングに対応しているといっても、P2Pソフトウェアは非常に多くあり、それら全てをフィルタリングすることは、できません。しかし、利用ユーザの多いP2Pをフィルタリングするだけでも効果が見込めます。

 例えば、YAHAMAルータでは、機種とファームウェアのバージョンによっては、P2PソフトのWinny、Shareに対応しています。

Wiiny・・・RTX1200,RTX1100,RTX3000など
Share・・・RTX1200など

 フィルタリングの設定は、コマンドベースで難しいのでは?と思われるかもしれませんが、多くの製品では、WebインタフェースのGUIで設定できるようになっており、非常に簡単に設定できるようになっています。

GUIでの設定は、目的のP2Pソフトウェアの項目にチェックを入れるだけの手軽さです。

 ルータが対応していないP2Pソフトウェアについては、NATのセッション制限機能や帯域制限で対応してゆくことになります。

 この方法は、P2P通信を遮断するというものではなく、通信で利用される帯域やコネクションの下図を制限して、他のユーザと共有する回線を独占されないようにするためのものです。また、この制限を設定することによって、ルータの負荷を軽減することができます。

URLフィルタリング」 ← 前項 | 次項 → 「QoSとは(その1)



スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.