@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > FTPの通信(パッシブモード)その1

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆FTPの通信(パッシブモード)その1

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆FTPの通信(パッシブモード)その1

パッシブモードでは、制御コネクション、データコネクション共に全てクライアントから始まります。

 アクティブモードでは、FWやNATにおいて、問題点がありました。パッシブモードは、クライアントがFWやNATルータ配下にいても通信ができるようにするために用意されたモードです。

 アクティブモードでは、FTPサーバからデータコネクションが確立されましたが、パッシブモードのデータコネクションでは、アクティブモードとは逆に、クライアント側の任意のポートからFTPサーバの待ち受けポート方向にコネクションを確立します。

 このモードでは、クライアントからFTPサーバへ制御コネクションでPASVコマンドを使用します。FTPサーバは、その応答に自身のIPアドレスと待ち受けポート番号を含めクライアントに通知します。

 クライアントは、FTPサーバから通知されたIPアドレス、ポートに対してFTPサーバにデータコネクションの確立を行います。


パッシブモードでは、制御コネクション、データコネクション共に全てクライアント側から確立されることになります。

 PASVコマンドに対する応答の中にFTPサーバのIPアドレスと待ち受けポート番号が記述されることにますが、NATやIPマスカレードでの変換対象にならないので問題になりません。

 パッシブモードでは、一見、NAT問題を解決できそうに思えますが、FTPサーバがNATルータ配下である場合に、同様な問題が起こります。

次の「FTPの通信(パッシブモード)その2」では、パッシブモードの動作をさらに詳しく説明してゆきます。

FTPの通信(アクティブモード)その2」 ← 前項 | 次項 → 「FTPの通信(パッシブモード)その2



スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.