@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > DHCPの仕組み詳細(その4)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆DHCPの仕組み詳細(その4)

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆DHCPの仕組み詳細(その4)

ここでは、DHCPリレー機能について説明してゆきます。


◆DHCPサーバの配置場所における問題

 DHCPクライアントは、IPアドレスなどの情報を払い出してもらうためにDHCP Discoverを送信します。このDHCP Discoverは、ブロードキャストです。

下の図を見て下さい。DHCPサーバがルータを越えた先に設置されている場合はどうなるのでしょうか?


 ルータは、ブロードキャストは転送しないでブロックするため、ルータを越えた先にあるDHCPサーバには、DHCP Discoverが届かないことになります。

 結局、DHCPクライアントは、DHCPサーバにDHCP Discoverを届けることができないので、タイムアウトになりIPアドレスを取得することができないので、ネットワークに接続できなくなってしまいます。

 ルータによってブロードキャストがブロックされるということは、ネットワークごとにDHCPサーバが必要だということになります。


 DHCPを用いることで、せっかく、IP関連のパラメータの設定を自動化できても、これでは、DHCPサーバの台数が多くなってしまい、サーバの運用管理が大変になり自動設定のメリットが半減してしまいます。

 DHCPサーバを立てたらほったらかしというわけには、ゆきません。OSのアップデートも必要ですし、台数が増える分、動作不良や故障の発生回数も増え、メンテナンスも必要です。

 1台のDHCPサーバでネットワークごとに自動配布し集中管理できると、管理的にもコスト的にもメリットが大きいですよね!

 そこで、「DHCPリレーエージェント」という機能が用意されています。この機能を用いることで、DHCPのブロードキャストの要求を中継できるようになります。


◆DHCPリレーエージェント

 ルータは、ブロードキャストを転送しないでブロックするため、ルータを越えた先にあるDHCPサーバにメッセージを届けることができません。


この問題を解決するには、DHCPのブロードキャストの要求を中継する必要があります。

 この送られてきたDHCPクライアントからの要求を受け取って、別のネットワーク上のDHCPサーバに中継する機能のことをDHCPリレーエージェントと呼びます。

この機能を用いることで、ネットワークごとにDHCPサーバを設置せずに済むようになります。

この機能をネットワークに実装するには、いくつか方法があります。

1つ目は、DHCPのリレーを行うサーバを用意する方法です。


2つ目は、ルータにリレーエージェントの設定を行う方法です。


 いずれの方法においてもDHCPサーバのIPアドレスを登録します。するとDHCPリレーエージェントはブロードキャストでやってきたDHCPのメッセージをユニキャストに変換して、DHCPサーバに中継するようになります。

 このDHCPリレーエージェント機能を利用すれば、ルータによってネットワークが分割されていても1台のDHCPサーバでIPアドレスなどのネットワーク情報の自動設定を行うことができるようになります。

DHCPの仕組み詳細(その3)」 ← 前項 | 次項 → 「DHCPの仕組み詳細(その5)



スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.