@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > オートネゴシエーションの不具合検証(その1)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆オートネゴシエーションの不具合検証(その1)

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆オートネゴシエーションの不具合検証(その1)

 ここでは、100BASE-TXで、モード不一致になるケース(相手側が10Mbpsの全2重)を実機を使って検証した結果を紹介します。

 ここでは、Cisco社製のスイッチを使用しますが、通信速度、通信モードが指定できるスイッチであれば、他社製のスイッチでも検証可能です。

ネットワーク構成図は下図の通りです。


 S_Aスイッチのオートネゴシエーション機能は有効なままとし、S_Bスイッチ側のf0/1ポートを通信速度が10Mbpsで、通信モードを全2重に設定します。

●スイッチS_Aの設定

S_A(config)#int vlan1
S_A(config-if)#ip address 192.168.1.1 255.255.255.0
S_A(config-if)#no shutdown

●スイッチS_Bの設定

S_B(config)#int vlan1
S_B(config-if)#ip address 192.168.1.2 255.255.255.0
S_B(config-if)#no shutdown
S_B(config-if)#int f0/1
S_B(config-if)#speed 10
S_B(config-if)#duplex full


◆動作の検証

S_Aのコンソールログを確認します。

●S_Aのコンソールログ
S_A#
01:06:08: %CDP-4-DUPLEX_MISMATCH: duplex mismatch discovered on FastEthernet0/1
 (not full duplex), with S_B FastEthernet0/1 (full duplex).

動作モードで問題が発生していることが、メッセージで表示されています。

S_Aから、S_Bにpingを行います。

S_A#ping 192.168.1.2

●S_Aの「ping」コマンドの出力
S_A#ping 192.168.1.2

Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 192.168.1.2, timeout is 2 seconds:
!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 1/3/12 ms

 動作モードで、問題が発生していますが、通信はできていることが確認できます。しかし、好ましい状況ではありません。

S_Aのf0/1インタフェースの状態を確認します。

S_A#show int f0/1

●S_Aの「ping」コマンドの出力
S_A#show int f0/1
FastEthernet0/1 is up, line protocol is up (connected)
  Hardware is Fast Ethernet, address is 0006.2afb.9f81 (bia 0006.2afb.9f81)
  MTU 1500 bytes, BW 10000 Kbit, DLY 1000 usec,
     reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
  Encapsulation ARPA, loopback not set
  Keepalive set (10 sec)
  Half-duplex, 10Mb/s, media type is 100BaseTX
  input flow-control is unsupported output flow-control is unsupported
  ARP type: ARPA, ARP Timeout 04:00:00
  Last input 00:00:08, output 00:00:00, output hang never
  Last clearing of "show interface" counters never
  Input queue: 0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
  Queueing strategy: fifo
  Output queue: 0/40 (size/max)
  5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
  5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
     772 packets input, 124103 bytes, 31 no buffer
     Received 312 broadcasts (0 multicast)
     0 runts, 0 giants, 0 throttles
     0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 31 ignored
     0 watchdog, 231 multicast, 0 pause input
     0 input packets with dribble condition detected
     4872 packets output, 350610 bytes, 0 underruns
     0 output errors, 0 collisions, 2 interface resets
     0 babbles, 0 late collision, 1 deferred
     0 lost carrier, 0 no carrier, 0 PAUSE output
     0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out

 上の黄色の網掛けから分かるように、S_Aの通信速度は10Mbpsで、S_Aと一致していますが、動作モードが半2重となっており、一致していないことが確認できます。

オートネゴシエーションの仕組み(その3)」 ← 前項 | 次項 → 「オートネゴシエーションの不具合検証(その2)



スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.