@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > オートネゴシエーションの仕組み(その1)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆オートネゴシエーションの仕組み(その1)

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆オートネゴシエーションの仕組み(その1)

 オートネゴシエーション機能を有効にしているインタフェース同士が物理的に接続されるとFLP(Fast Link Pulse)バーストと呼ばれるパルス信号を送信します。

 10BASE-Tの場合には、同様な信号にNLP(Normal Link Pulse)と呼ばれるパルス信号を使用します。FLPは、このNLPを拡張した信号で、NLPとの互換性があります。

●100BASE-TXの動作

 FLPに自分がサポートできる通信モード情報を付加して、お互いに送信し合うことで、お互いがサポートする通信モードで、最も優先順位が高いモードに設定します。

通信モードの選択優先順位は下表のようになっています。

優先順位 通信モード
1 100BASE-T2 全2重
2 100BASE-TX 全2重
3 100BASE-T2 半2重
4 100BASE-T4 半2重
5 100BASE-TX 半2重
6 10BASE-T 全2重
7 10BASE-T 半2重

●100BASE-TXでモード不一致となるケース(相手側が10Mbpsの全2重)

下図の構成を例に説明してゆきます。

 クライアントPCのオートネゴシエーション機能は有効で、接続先のスイッチ側のポートの設定が固定の通信速度が10Mbpsの通信モードが全2重の場合です。


1.クライアントPC側は、オートネゴシエーションなのでFLPを送信します。しかし、相手側のスイッチは固定モードのため、FLPを送信しないので、クライアントPCは、FLPを受け取りません。

2.固定モードに設定しているスイッチは、10Mbpsなので、NLP信号を送出して、リンクが正常に機能しているを確認します。

3.NLPを受信したクライアントPCは、信号の10Base特有の信号の形から、相手側であるスイッチはの通信速度が10Mbpsであると判断します。

4.信号の形からPC側は速度10Mbpsであることを検出することができますが、相手先であるスイッチが、全2重か半2重を判断することができません。

5.通信モードの判断ができない場合、オートネゴシエーションに設定されている機器は、半2重に設定するようになっています。この場合、クライアントPCは、半2重に設定されることになります。

6.最終的にお互いの通信モードが、一方が全2、もう一方が半2重となり通信モードが異なるため、適切な通信を行うことができなくなってしまいます。

これの減少を防ぐためには、両方で通信速度と通信モードを同じ設定にする必要があります。

 次の「オートネゴシエーションの仕組み(その2)」では、一方がオートネゴシエーション機能が有効で、もう一方が固定の設定で、通信速度が100Mbpsの通信モードが全2重の場合に起こる不具合について説明します。

オートネゴシエーションとは」 ← 前項 | 次項 → 「オートネゴシエーションの仕組み(その2)



スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.