@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > 固定長サブネット分割の限界

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆固定長サブネット分割の限界

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク


◆固定長サブネット分割の限界

 ネットワークを分割するサブネット化は、大規模なネットワークでは柔軟性に欠けます。単純なサブネット分割では、分割したサブネットは、全て均等なサイズとなるため、必要以上のIPアドレスを割り当ててしまうことになってしまいます。

 例えば、下図のネットワークで、「192.168.1.0/24」ネットワークをサブネット分割して、サブネットを割り当てる場合を考えてみます。


必要なサブネットの数は、6つです。

 28ホストのネットワーク ・・・ 1つ
 10ホストのネットワーク ・・・ 1つ
 24ホストのネットワーク ・・・ 1つ
 ルータ間          ・・・ 3つ

 一番ホストの数が多いサブネットは、ホストが28台あるサブネットです。ルータのインタフェースのIPアドレスを合わせると29個のIPアドレスが必要となります。

そのため、ホスト部に5ビット以上必要となります。

つまり、必要なサブネット数を満たし、かつ、必要なホスト数を確保するには、「/27」で分割する必要があります。


 しかし、単純なサブネット分割では、全て均等に同じサイズのサブネットしか作成できないため、無駄なIPを割り当ててしまうこととなります。

例えは、ルータ間はルータのインタフェースに割り当てる2つのIPアドレスしか必要ありません。

 サブネット当たりのホスト数は、25-2=30個のIPアドレスがありますから、28個のIPアドレスを無駄にしてしまいます。これが、固定長サブネット分割の限界です。

VLSM(可変長サブネットマスク)を使用すれば、アドレススペースの効率良く使用することができます。

次の「可変長サブネットマスク(VLSM)」では、VLSMについて説明します。

マルチキャストMACアドレス」 ← 前項 | 次項 → 「可変長サブネットマスク(VLSM)





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.