@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > 電子メールの認証(POPS before SMTPS)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆電子メールの認証(POPS before SMTPS)

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆電子メールの認証(POPS before SMTPS)

 APOP before SMTPでは、認証に使うパスワードを暗号化していましたが、メール本文の暗号化は行われていませんでした。

 パスワードが盗聴されSMTPサーバがスパムの踏み台になってしまうというリスクは減りますが、ユーザのメール本文が読み取られてしまうというリスクは依然として残ったままです。

そこで、ユーザとSMTPサーバ間を暗号化する仕組みとして考えられたのが、POPS before SMTPSです。

 POPS before SMTPSでは、認証に使うパスワードと本文の暗号化をまとめて行うことで、ユーザとSMTPサーバまでの間を完全に暗号化して安全なメールの送信を実現します。


 POPS before SMTPSは、「POP over SSL before SMTP over SSL」の略です。over SSLとある名前の通り、SSLの技術を利用して暗号化を実現しています。

電子メールの認証(APOP before SMTP)」 ← 前項 | 次項 → 「電子メールの認証(SMTP-AUTH)



スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.