@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > メールヘッダとエンベロープ

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆メールヘッダとエンベロープ

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆メールヘッダとエンベロープ

メールは、メールヘッダと本文から構成されています。

 メールヘッダには、FROM(送信元)、TO(宛先)、Subject(題名)などからなります。詳しくは、前の「SMTPヘッダ情」で説明しています。本文は、相手に伝えるメール本文が記載されます。

 ここで、勘違いされやすいのですが、実際のSMTPの通信では、メールヘッダは使われていません。メールヘッダが、郵便でいうところの封筒の宛先や送信元の住所を表しているように思えますが、SMTP通信においては、封筒の役割を果たしているのは、エンベロープなのです。

エンベロープ(封筒)
MAIL FROM:送信元
RCPT TO:送信先
メールヘッダ
DATE:時刻
FROM:送信元
TO:宛先
Subject:題名

メール本文
From:

 エンベロープ(envelope)とは、英語で封筒という意味の単語です。エンベロープにMTA(Message Transfer Agent)が送信元や宛先を付加するようになっています。Outlook Expressなどのメーラでは、ユーザーに見せないようにしています。

 実際に通信する時にエンベロープにメールヘッダの情報がコピーされます。このエンベロープの情報は、SMTPコマンドレベルで使用され、メーラーが自動で作成するので、一般的には入力できないようになっています。

 SMTPにおける通信の流れは、まずTCPで接続してから、送信元アドレス、宛先アドレス、メールの本文という順番でデータを送ります。

 送信元アドレスを送信するには、MAILコマンドを使い、引数として「MAIL FROM:」を指定して送信元アドレスを送ります。その後に、RCPTコマンドで引数に「RCPT TO:」を指定して宛先アドレスを送ります。最後にメールの本体を送信するようになっています。

SMTPヘッダ情報」 ← 前項 | 次項 → 「電子メールの仕組み



スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.