@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > 電子メールとは

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆電子メールとは

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆電子メールとは

 電子メール(Electronic mail)は、e-mail、Eメールとも呼ばれ、電子工学を用いてメッセージを交換するシステムのことです。

 電子メールは、ブロードバンドの普及や携帯電話のメール機能のおかげで身近なものになりましたが、電子メール自体、目新しいものではありません。インターネットの初期からあります。

 当時のメールサーバはUNIXで運用されていたので、メールサーバにTelnetでログインしてコマンドラインからメールを読むようになっており、1つのパソコン通信システム内にとどまっていました。MIMEなどもなく、添付ファイルや今のような複雑なメールは、当時はできませんでした。

 さて、今や電子メールは、インターネットを代表するシステムです。我々の通信手段に欠かせないものとなっています。文章(テキスト)だけでなく、画像、音声、動画、表計算のデータなど添付して送信することもできることからデータ交換の手段にも利用できます。

また、HTML形式のメールを送信すれば、ホームページのような凝ったメールも送ることができます。

メールのやり取りには、下図のように行われます。



 電子メールのシステムには、メールサーバが必要で、メール転送プロトコルにSMTP(Simple Mail Transfer Protocol Version 3)、メールサーバのメールボックスに自分に届いたメールを取りにいくPOP3(Post Office Protocol)やIMAP4(Internet Message Access Protocol Version 4)などのプロトコルが用いられます。

各プロトコルが利用するポート番号は下表のようになっています。

プロトコル ポート番号
SMTP 25
POP3 110
IMAP4 143

 POP3、IMAP4共にメールサーバのメールボックスに蓄積された電子メールを取り出すプロトコルであることから、「ラスト・ワン・ホップ プロトコル」とも呼ばれています。

 電子メールは、上図のように送信側から宛先のメールサーバのメールボックスまでに、いくつかのメールサーバを経由して到達するようになっています。

Vistaでhosts,lmhostsファイルを編集する」 ← 前項 | 次項 → 「電子メール(MTAとMUA)



スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.