@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > Vistaでhosts,lmhostsファイルを編集する

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆Vistaでhosts,lmhostsファイルを編集する

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆Vistaでhosts,lmhostsファイルを編集する

Windows Vistaの「hosts ファイル」、「lmhosts ファイル」の格納場所は、以下の場所にあります。

C:\Windows\System32\drivers\etc


「hosts ファイル」、「lmhosts ファイル」を編集することは、ネットワークの設定において欠かせないものです。

Windows Vistaの「hosts ファイル」、「lmhosts ファイル」の中身は以下のようになっています。

●hostsファイル(Vista)
# Copyright (c) 1993-2006 Microsoft Corp.
#
# This is a sample HOSTS file used by Microsoft TCP/IP for Windows.
#
# This file contains the mappings of IP addresses to host names. Each
# entry should be kept on an individual line. The IP address should
# be placed in the first column followed by the corresponding host name.
# The IP address and the host name should be separated by at least one
# space.
#
# Additionally, comments (such as these) may be inserted on individual
# lines or following the machine name denoted by a '#' symbol.
#
# For example:
#
#      102.54.94.97     rhino.acme.com          # source server
#       38.25.63.10     x.acme.com              # x client host


::1             localhost

●lmhostsファイル(Vista)
# Copyright (c) 1993-1999 Microsoft Corp.
#
# This is a sample LMHOSTS file used by the Microsoft TCP/IP for Windows.
#
# This file contains the mappings of IP addresses to computernames
# (NetBIOS) names.  Each entry should be kept on an individual line.
# The IP address should be placed in the first column followed by the
# corresponding computername. The address and the computername
# should be separated by at least one space or tab. The "#" character
# is generally used to denote the start of a comment (see the exceptions
# below).
#
# This file is compatible with Microsoft LAN Manager 2.x TCP/IP lmhosts
# files and offers the following extensions:
#
#      #PRE
#      #DOM:<domain>
#      #INCLUDE <filename>
#      #BEGIN_ALTERNATE
#      #END_ALTERNATE
#      \0xnn (non-printing character support)
#
# Following any entry in the file with the characters "#PRE" will cause
# the entry to be preloaded into the name cache. By default, entries are
# not preloaded, but are parsed only after dynamic name resolution fails.
#
# Following an entry with the "#DOM:<domain>" tag will associate the
# entry with the domain specified by <domain>. This affects how the
# browser and logon services behave in TCP/IP environments. To preload
# the host name associated with #DOM entry, it is necessary to also add a
# #PRE to the line. The <domain> is always preloaded although it will not
# be shown when the name cache is viewed.
#
# Specifying "#INCLUDE <filename>" will force the RFC NetBIOS (NBT)
# software to seek the specified <filename> and parse it as if it were
# local. <filename> is generally a UNC-based name, allowing a
# centralized lmhosts file to be maintained on a server.
# It is ALWAYS necessary to provide a mapping for the IP address of the
# server prior to the #INCLUDE. This mapping must use the #PRE directive.
# In addtion the share "public" in the example below must be in the
# LanManServer list of "NullSessionShares" in order for client machines to
# be able to read the lmhosts file successfully. This key is under
# \machine\system\currentcontrolset\services\lanmanserver\parameters\nullsessionshares
# in the registry. Simply add "public" to the list found there.
#
# The #BEGIN_ and #END_ALTERNATE keywords allow multiple #INCLUDE
# statements to be grouped together. Any single successful include
# will cause the group to succeed.
#
# Finally, non-printing characters can be embedded in mappings by
# first surrounding the NetBIOS name in quotations, then using the
# \0xnn notation to specify a hex value for a non-printing character.
#
# The following example illustrates all of these extensions:
#
# 102.54.94.97     rhino         #PRE #DOM:networking  #net group's DC
# 102.54.94.102    "appname  \0x14"                    #special app server
# 102.54.94.123    popular            #PRE             #source server
# 102.54.94.117    localsrv           #PRE             #needed for the include
#
# #BEGIN_ALTERNATE
# #INCLUDE \\localsrv\public\lmhosts
# #INCLUDE \\rhino\public\lmhosts
# #END_ALTERNATE
#
# In the above example, the "appname" server contains a special
# character in its name, the "popular" and "localsrv" server names are
# preloaded, and the "rhino" server name is specified so it can be used
# to later #INCLUDE a centrally maintained lmhosts file if the "localsrv"
# system is unavailable.
#
# Note that the whole file is parsed including comments on each lookup,
# so keeping the number of comments to a minimum will improve performance.
# Therefore it is not advisable to simply add lmhosts file entries onto the
# end of this file.

しかし、編集して保存しようとすると、以下のようなメッセージが表示されます。


管理者権限ユーザで編集しているのに、保存することができません。

そこで、Unixの「sudo」のように、一時的に管理者権限を得てから編集する必要があります。

◆管理者としてテキストエディタを起動する方法

メモ帳のショートカットを右クリックして、「管理者として実行」をクリックします。

 そうすることで、メモ帳を管理者として実行することができます。メモ帳に限らず、他のテキストエディタでも同様です。これで、「Hosts ファイル」、「Lmhosts ファイル」を修正することができます。


◆いったん別の場所にコピーして編集する方法

 「hosts ファイル」、「lmhosts ファイル」をいったん、別の場所にコピーして、修正し、保存した後、元の「C:\Windows\System32\drivers\etc」にコピーする方法です。

UACのダイアログが表示されることになりますが、「続行」をクリックすることで、コピーすることができます。


もう一度、ダイアログが表示されますが、「続行」をクリックします。

lmhostsファイル」 ← 前項 | 次項 → 「電子メールとは



スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.