@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > Dynamic DNS(自動登録するツール・DiCE)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆Dynamic DNS(自動登録するツール・DiCE)

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆Dynamic DNS(自動登録するツール・DiCE)

 DDNSでは、変更されたIPアドレスを通知しないと、いつまで経っても古いIPアドレスを返します。この通知作業が、DDNSの面倒なところです。

 この面倒な作業を自動的に行う便利なフリーソフトが存在します。このフリーソフトを使用することでルータのグローバルIPアドレスを定期的に調べてIPアドレスが変わる度に自動的に通知して登録してくれます。

 使い勝手の良いフリーソフトにDiCEというツールがあります。ルータのグローバルIPアドレスを定期的に調べて、変化した場合はIPアドレスの登録作業を行ってくれます。

以下のリンク先からダウンロードできます。

http://www.hi-ho.ne.jp/yoshihiro_e/dice/

 DDNSの自動更新ソフト「DiCE」の設定手順を説明してゆきます。 設定自体は、とても簡単なので、簡単に説明してゆきます。

 インストールして、DiCEを起動します。起動した時点で、ルーターのIPアドレスがロゴの右側と下のステータスバーに表示されます。

「イベント」→「追加」をクリックして、新規イベントの設定画面でDDNSのサイトで取得した情報を登録してゆきます。


 「オプション」→「環境設定」の「IPアドレス監視」タブをクリックします。ここ設定が重要です。ルータのグローバルIPアドレスを指定した数値で定期的に監視してくれます。デフォルトで設定されているので、問題ありませんが、運用してみて問題があるようでしたら変更します。


 DiCEでは、ログも見れますので、グローバルIPアドレスがどの程度、変更されたのかを後から確認することもできます。

Dynamic DNSの仕組み」 ← 前項 | 次項 → 「WINSとは



スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.