@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > 「外向けDNS」と「内向けDNS」

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆「外向けDNS」と「内向けDNS」

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆「外向けDNS」と「内向けDNS」

DNSサーバは、ファイアウォールの外側と内側に配置して運用するケースがあります。

 ファイアウォールの外側のDNSサーバは「外向けDNS」と呼ばれ、自ドメイン以外からの問い合わせに応答します。内側のDNSサーバは「内向けDNS」と呼ばれ、自ドメイン内のユーザの問い合わせに応答します。


「外向けDNS」、「内向けDNS」という名称は、ファイアウォールの外と内に配置されるイメージからきています。

 DNSを外向けと内向けに分けて運用する目的は、「内向けDNS」に内部のイントラネット用の独自のゾーン情報を自由に設定して運用できるからです。

 イントラネットのゾーン情報を外部に公開しなくて済みますし、イントラネット上の端末はIPアドレスではなく、ドメイン名を用いてイントラネット上のサーバや他の端末にアクセスできるようになります。また、セキュリティ上も安全です。

 内部ユーザのために、フルサービス・リゾルバからフォワーダ(fowarders)などの指定によって検索できるようにしておきます。

DNSの3つの役割」 ← 前項 | 次項 → 「DNSが使用するポート番号(TCP/UDPの53)



スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.