@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > DNS(プライマリDNS/セカンダリDNS)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆DNS(プライマリDNS/セカンダリDNS)

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆DNS(プライマリDNS/セカンダリDNS)

 DNSは階層構造になっています。この構造で負荷分散を行っているのですが、各ドメインのDNSサーバに障害が発生した場合はどうでしょうか?


 もし、DNSサーバに障害が発生して停止してしまうと、名前解決が行うことができず、公開しているほとんどのサービスが利用できなくなってしまいます。そこで、DNSサーバは、ドメインごとに最低2台以上用意することが求められています。

DNSサーバには、メインとなるプライマリDNSと予備となるセカンダリDNSがあります。

プライマリDNSは通常、ドメインに1つ用意して自分のドメインの情報(ゾーン情報)を設定し管理を行います。

 セカンダリDNSは、プライマリDNSや他のセカンダリDNSの予備となるDNSサーバで、何台あってもよいことになっています。プライマリDNSは、セカンダリDNSへゾーン情報のコピーを転送し、セカンダリDNSにプライマリDNSの設定情報のコピーを置いておきます。このことをゾーン転送と呼んでいます。

 ゾーン転送では、SOAレコード中のSerialの値が大きくなっていれば更新されていると見なしてゾーン転送を開始します。ゾーン転送には、TCPポートの53番が使用されます。


 管理者は、プライマリDNSにゾーン情報を設定しておけば、後は自動的に他のセカンダリDNSに反映されるようになっています。

 タイムラグはありますが、どちらのDNSサーバを利用しても同じ情報が得られるようになっています。そのため、DNSクライアントの側でプライマリDNSかセカンダリDNSかを意識することはありません。

DNS探索の仕組み(逆引き)」 ← 前項 | 次項 → 「DNS(プライマリDNS/セカンダリDNSの配置)



スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.